出世していく人は、そもそも「やり方」が違ったようです。

リンカーンはこう言いました。

「待っているだけの人たちにも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人たちの残り物だけである」

確かに、成功した人というのはよく働き、よく考え、努力した人です。

しかしながら、その人たちと普通の人との違いってなんなのでしょうか? 私たちが取り入れるべき習慣とは?

I heart intelligence」の記事で、さんがまとめたのは、成功した人が実践している13のことでした。

01.
つねに身体に気をつかっている。

9df0d829a0232d3aa50a42d85392cf7c5045c508

本当の意味で成功をつかみとる人は、つねに心と身体の健康を優先しています。睡眠、食事、ストレスをコントロールすることで、いつでも全力で物事に取り組めるのです。つまり、自分を追い込みすぎないように心がけるのも良いかも知れません。結局、健康こそ生産性アップの鍵なのです。

02.
「朝活」を習慣にする。

自分に合った朝活は心と身体を整えてくれます。まずは軽い運動と栄養たっぷりの食事を試してみてください。また、ヨガや読書などを習慣づけてみてもいいかも。

03.
すぐやる。後回しにしない。

彼らは他の人と比べて、メモを見たり、様々なことを同時進行させたり、何度も同じことを考えたり、返信が遅かったりする、といったことがありません。

なぜなら、連絡が来たとき、すべきことができたとき、すぐに取り掛かるようにしているから。すぐにできることは、すぐにやる。

簡単に聞こえるかも知れませんが、意外に難しいのです。

04.
人に任せる勇気を持つ。

387a363d9745a363ee38e2f3c6980eb13896572b

すべてを完璧にできる人なんていません。そして、出世をしていく人たちはチームを信じ、任せることをためらいません。

そうすることで、彼らはさらに「自分が成長できる仕事」に集中する環境を作り出しています。

05.
完璧を求めない。

人はつい、完璧を求めすぎてしまいます。しかし完璧主義というのは、ときにストレスを増大させます。反して、成功している人はある程度のところで自分にブレーキをかけることが出来るのです。サルバドール・ダリはこう言いました。

「完璧を恐れるな。完璧にはなれないのだから」

06.
パレートの法則に従う。

この法則をご存知でしょうか? 「80:20の法則」と聞けばピンとくる人も多いかもしれません。

経済活動において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している、という法則のことです。成功している人たちは、全体で本当に大切な部分は20%程度しかないことを知っています。そして、そこに焦点を当てる力に優れているのです。

07.
絶対にイエスマンにならない。

彼らは、決してすべてのチャンスに「イエス」とは言いません。断ることに罪悪感を持たないことはとても大切です。

その代わり、やると決めたプロジェクトには全身全霊で取り掛かります。

08.
できるだけ会議を避ける

82ef2361e99c82c8332eaa4e4097f8ac3b0cbcae

ほとんどの会議はダラダラと長引き、議題がたくさんあり、多くの時間を消費します。しかし彼らはそんな会議を極力避け、電話とメールで対応します。

そうすることで、より迅速に多くのことに対応できるのです。

09.
メールは一気に処理する。

彼らは、決して1日中メールの受信ボックスに張り付いたりはしません。その代わりに1日のうちのどこかで決まった時間を作り、それらの返信をしています。

つまり、他の業務中に注意散漫にならないようにしているのです。

10.
八方美人にならない。

記者のハーバード・ベイヤード・スウォープは、こう言います。

「必ず成功する方法を教えることはできないが、失敗する方法は教えられる。常にすべての人を喜ばせようとすることだ」

万人に好かれようとすることはそれだけ難しく、リスクのあることだ、ということです。

11.
ノートこそ宝。

成功をした人たちは、すべて書き出す傾向にあります。そして、それこそが彼らにとって一番大切なものなのです。

12.
生活のバランスはとる。

Bca374aa0b1ab9dcfce37f6e0b0bf21be13f41ed

本当の意味で出世をしていく人は、仕事以外の時間も充実しています。家族との時間を過ごしたり、マラソンのためのトレーニングをしたり、ある人は地域のコミュニティでボランティアをしたり。

このように、私生活も充実させることで、仕事一辺倒にならずバランスを保っているのです。

13.
ToDoリストにタスクを書き溜めない

これから何をしなくてはいけないか、を気にしすぎないでください。ToDoリストで管理すること自体は悪いことではありません。しかし、延々と続く未来のタスクを見つめていても何も始まりません。

必要以上に未来のタスクまで考える必要はないのです。本当に「今すべきこと」を今する。それだけで十分なときもあります。

アメリカの作家ジグ・ジグラーは、こんな言葉を残しています。

「成功とは、私たちが持っているすべての力を使ってベストを尽くすことだ。そして私は仕事柄、成功できなかった人に会うことがあるが、成功できない人に会ったことはない」

つまり彼らは、お金のためや、権力のため、人から賞賛されるために努力をしたわけでは決してありません。

ただ、自分のためにすべきことをした結果なのです。

Licensed material used with permission by i heart intelligence
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
成功を収めた起業家に話を聞くと、おそらく彼らは「運が良かったんだ」と答えるでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてはいけません。彼らはどうすれば運を掴み夢を叶...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...