壁がある関係か、本当の友情か。5つの違い

「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達作りは難しくなるばかり…。でも、あなたからの「仲良くしよう」というポジティブな心掛けがあってこそ、深い絆で結ばれてるもの。

Elite Daily」のRachel Chapmanさんがまとめたのが、「これから仲良くしようとしているとき」に感じることと、「本当に親しくなったとき」の違い。

01.
「共通点」に頼っているか
そんなの関係ないほど仲がいいか

11268977e5a8caf806553472fc4a61942eaca542

どんな友だちとだって、何かしら共通の趣味があるでしょい? たとえばTV番組だったり、新しいレストランを試してみることだったり。こういった共通点を持つことが、絆を深める第一歩。

でも、仲良くしようとしているときは、とにかくこの共通点ばかりにフォーカスしがち。本当は別のことに興味があるのに、周りと合わせないと置いてきぼりになってしまう気がしちゃうんです。

でも「たとえ、違う意見を持っていても相手に嫌われることはない」と確信できるのが、本当に親しい関係。共通点に頼らなくなるのは、仲が深まった証拠です。

02.
自分らしくいられるかどうか

誰だって、自分のアイデンティティを持っていると思います。友だちの輪の中にいても、自分のユニークな特徴を生かしたいはず。

もし、友だちに認められるかどうかをいちいち気にしているなら、あなたはまだ「仲良くしようとしている」段階。相手の反応次第で、自分の行動や発言を変えていませんか?

本当に親しくなると、お互いの個性を愛せるようになり、もっと自分をさらけ出せるようになります。気づいたら、一人ひとりの異なる特徴が輪をまとめるように。

03.
どんなことがあっても
壊れない関係だと信じているかどうか

親しい仲なら、一緒にいて安心できるもの。

何かしくじったら見放されちゃうかも…と思うのは、まだまだ「仲良くしようとしている」証拠。お互いに思いやりを持って接し合っているからつねに不安というほどではないけど、ひとつの過ちで簡単に見捨てられそうな気がしてしまうんです。

どんなことがあっても切れない「固い友情」で結ばれるのが、本当の意味で親しい関係。たとえドジを踏んだとしても、偏見を持たずに許しあえる関係なら、きっとこの先も大丈夫。

04.
つねに一緒にいないといけない「プレッシャー」を感じるかどうか

Da7034f6bd8f07d587d6136fa5a7375da44d5430

友達は、ちょっと出かけたいときや、仕事がお休みのときに「一緒にいたい」と思うのもの。

でも、どんなときでも一緒にいないといけない! と無理するのは、仲良くしようとしているだけのサイン。つねにメールで連絡を取り合い、誘われたイベントは絶対に顔を出さないといけない…なんだか置き去りにされちゃうような気がしているのでは?

本当の意味で「親しく」なってしまえば、少しの間会っていなくたって何も変わらないはず。

05.
いつかは終わってしまう関係かも…と感じるかどうか

友情は、言うなれば「恋愛」と一緒です。ちょっとの間だけ遊んで終わることもあれば、一生続く可能性もあるのです。

20代は、人を大きく変える年代。もちろん「長く続けばいいなぁ」とは思うものの、何十年先の未来が見えないのは、「仲良くしようとしているだけ」だからかも。

ただ、本当に親しくなると、友だちは家族同様の存在になります。一生そばにいる感覚が、言わずとも肌身で感じ取れるのです。

私も20代の頃、友情関係に不安を感じたことは何度もあります。親しい関係に飢えていて必死な時期でした。だからこそ「仲良くしようとする」のではないでしょうか?そうやって多少もがくのも、素敵な人生経験になります。それに、長続きしない関係があるからこそ、長続きする関係に、より感謝できるのかもしれません。

そうやって努力を繰り返していけば、きっとホッとできる仲間に出会えるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
時間が経ってみないとわからないことだけど、友情が学生時代でストップしてしまう関係があります。あんなに仲がよかったのに…。その“友情期限”が長く続く人とそう...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
「もしもあなたが家族と離れて暮らしているなら、ルームメイトは最も大切な存在かもしれませんね」そう語る「I Heart Intelligence」のBarb...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...