モロッコの「ヤギの木登り」は自然の摂理だった

インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?

ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。

I:砂漠が何か関係するのかい?

Y:特に秋には植物が一切生えないんだメ〜。

I:それじゃ、お腹減っちゃうよね。

Y:だからみんな、実や葉を食べるために木登りを覚えたんだメ〜。

I:怖くないのかい?

Y:もう慣れたメ〜。木の上で過ごす時間が長かったからメ〜。

I:ところで、何の木なんだい?

Y:アルガンツリーという種類だメ〜。

I:木は嫌がってないのかい?

Y:木にイイことをしてるから許してもらっているんだメ〜。

I:というと?

Y:僕たちが食べた後は、一度、体内で消化されるんだメ〜。

I:うんうん。

Y:その後、逆流して地面に吐き出すのメ〜。

I:ちょっと汚いね。

Y:でも、それで、堅い種子は破られて発芽しやすくなるんだメ〜。

I:なるほど。木登りには、ちゃんと理由があったんだね。

Y:これぞ、自然の摂理だメ〜。

2338fe0bfb0c00192a1eba955a0338e6bbf0e0bb

Frontiers in Ecology and the Environment 2017,  Volume 15, Issue 4, pp 222–223

Licensed material used with permission by ESA
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
イギリスのデザイナーのトーマスさんは、人間であることに疲れ果て、ヤギになることを決意。特注の義足や芝生を消化する人工胃の開発にまで挑戦したそう。「トランス...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...