いくら寝ても疲れがとれない…。「体内時計」を整えるセラピーランプ

夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自力で元に戻すのはなかなか難しいものです。

ならばプロに頼ってしまいましょう。「NASA」の技術にインスピレーションを受けた睡眠サポートデバイスが、こちらです。

宇宙技術を
「寝室」に持ち込む背徳感

Circadia」は、睡眠モニターとセラピーランプが一体になったもの。

昼も夜もない宇宙では、光がないので体内時計が狂いがち。そこでNASAは、宇宙飛行士の体調管理のため、光で体内時計をリセットする技術を用いているのです。

21e1ffadfdcfc42b0affb4f01c01aa859790f0d4

睡眠時の心拍、体温、呼吸状態、いびきなどをモニタリングし、集めた情報はスマホアプリに送信。質のいい睡眠がとれているか、体内時計に狂いが生じていないか、などを分析してくれます。

この結果と理想のリズムを比較して、就寝時間など調整すべき点をアドバイス。

「睡眠と起床」
両方にやさしい光のセラピー

4103297c2844cfc2db752629d76336f671e5b7be

また「Circadia」は、光療法のためのセラピーランプとしても効果を発揮するそう。

眠る前に30〜90分間ほど使用すると、入眠しやすいように体の調子を整えてくれます。また、夕方に使うと疲れを軽減させ、睡眠を誘発するホルモンの放出を促進してくれたりも。まさに「光のセラピー」。

そして、朝起きるときにもあなたをしっかりサポート。理想的な起床時間の15〜30分前にちょうどいい強さの光を発し、自然に目が覚めるのを手助けしてくれます。鳥のさえずりや波の音、クラシック音楽などをアラーム音として設定しておくこともできるので、心地よい音と光という最強の組み合わせで、素敵な一日の始まりを迎えることができるのです。

878084d01fc40c332207345402d8e0cbf9795215

さらには、せっかくの海外旅行を台無しにしてしまう、つらい時差ボケにも対処可能。

「ジェットラグモード」を使えば、現地の時間に合わせて体内時計を調整してくれます。 ちなみに、ポケットサイズだから持ち歩きも楽々。

A5bfb8a9e264facea4e848097b2e9f24a34af14c

Circadiaは現在「Kickstarter」で189ドル(約21,000円)から資金を募集中です。

海外に行くことが多い人や睡眠に問題を抱えている人はもちろん、しっかり寝ているはずなのに体の疲れがとれない…という人も、じつは体内時計の調整が必要なのかもしれませんよ。

部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
なんだかいつも疲れてる?それなりにちゃんと寝てるはずなんだけど…なんてぼやきながら1日中「疲れ」と戦っている人、自分も含めて多い気がする。なんでだろう?今...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
座っている時間が長く、運動不足であればあるほど、姿勢も悪くなってしまいがち。すると、背中や腰が痛くなるだけでなく、消化がうまくいかなくなったり、頭痛の原因...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
人類の歴史の中でも非常に大きな出来事として刻まれている、1969年7月20日のアポロ11号月面着陸。人類が月に到達してから48年という月日が経ったいま、「...
「Netflix」を見たり、ゼルダシリーズの最新作を何時間もプレイしたり、夢中になっているとつい忘れがちですが、一日どれくらい画面を見て過ごしているのか。...
睡眠状態とバイタルサインから、寝ている間に健康管理をしてくれるスマートリングが開発された。フィンランド生まれの「OURA」。洗練されたミニマルなデザインは...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...