長い人生、何が起こるかより「どう捉えるか」のほうが重要だ

生きていれば、いろいろなことが起こります。辛いことも悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、それは人生の大切な教訓になるかもしれません。

The School of Life」は人生に降りかかるたくさんの出来事に対して、どのように向き合えばいいかをアドバイスしています。

人生に疲れることも
あるでしょう

1c372712df121ddc47be67c5aec0ffbe5e868240

人生で起きる悲しい出来事に疲れ切って、生きることに意味なんてない、と判断してしまうのは簡単なことです。

今までどれほど多くの間違いを犯したのか、叶えられなかった夢や目標はどれほどの数になるのか。そんなことを考えると、シェイクスピアのマクベスのセリフように、「人間は呪われた生き物である」と感じるかもしれません。

Bcf51f9dc7fed85ba9a1ca43dbf7c12b516e65ea

人生は歩く影に過ぎない。下手な役者だ。
出番の時は舞台の上で派手な身振り大きなため息もつくが、終わるとふっと居なくなる。人生は白痴の語る物語だ。

響きも感情も騒々しいだけで、 そこには何の意味もない。

シェイクスピア『マクベス』より

マクベスは、人生は騒々しいばかりで何の意味もないと述べます。しかしそれはどうでしょうか。私たちは十分な思いやりと洞察力を持って人生を振り返ることで、何かを得ることができるのではないでしょうか。

同じ出来事が
絶望にも希望にもなりうる

4bb14c4873267d8401826bd73121031fa244e296

絶望と希望は表裏一体です。同じ出来事を絶望と捉えるか、希望と捉えるかで変わってきます。

私たちは常に、自分の心の中で自伝を書いています。これは現在の自分の状況を過去の出来事と関連づける作業で、ほとんどの人が無意識的に行っていることです。

Ac54adf369871a056cc6f2b9993c293383b08c14

ひとつの物事に対して、それをひどい災害と捉え、楽観主義的思考を捨てて絶望と判断してしまうこともあるでしょう。しかし同じ出来事から、もっと希望に満ちた別の物語を語ることもできるはず。

ドフトエフスキーやプルースト、イエスの自伝を見れば、その人生が感動的で高潔で優しさに溢れたものだと思えるのでは。

C8791986c179cea48a09a6f1102ad90cfda065b8

どんなにひどい失敗も屈辱も、人生にとって大切な意味があることを私たちは知っているはずです。間違いは成功するために必要なものが足りなかったというヒントを与えてくれ、喪失は私たちが何を必要としているのかを教えてくれます。

2623ad722d9189f0f8c374628813405d8a0e01cf

たとえ混乱と間違いと失敗を繰り返し、誰かを傷つけてしまう日々を10年間過ごしたとしても、その経験はその後の人生を成熟させるのに必要だった、と捉えることができます。

私たちは自分のアイデンティティを確立するために失敗が必要で、正しく他人を理解するために失恋が必要なのです。

そのように解釈して心の自伝を書き直せば、私たちは人生の失敗を許すことができるでしょう。

たくさんの過ちの先に
幸せがある

1c9987caff7266ae1e69ba7bd0975030c0231511
Image byThe School of Life

優れたストーリーテラーは、人生の中心にあるのが災難や勝利だけでないことを知っています。私たちは、自分自身に何が起きたのか、そのすべてについて書ききることはできないでしょう。自分ではどうしようもない、政治や経済や他人についての問題を、自分の問題として捉えすぎないことです。

8c987cd9f3d437906297edd0abc4401e100b3454
Image byThe School of Life

毎日、私たちは自分自身の生活を振り返ります。なぜ痛みがあるのか、どうしてチャンスを取り逃してしまったのか、または、なぜ幸福であるのか。

きっとほとんどの人の人生が、欠陥があって、盲目的で、欺瞞だらけで、それでも最終的には威厳と努力の末に成り立つ物語であると思います。生きていると絶対に、良い一日もあることでしょう。いくつかの分野でちょっとした成功を収めることもあるでしょう。

だから、失敗をすべて無意味だと切り捨てる必要はないのです。

Licensed material used with permission by The School of Life
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
当然ながら、人生には楽しいこともあればつらいこともあります。ただここで確認しておきたい大切なことは「人を成長させてくれるのは、つらい経験のほう」だというこ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
多くの人は、自分の人生で何か大きなことを成し遂げたいと思っているはず。確かにそれは大切なことですが、そればかりに囚われていると、もしも何も成し遂げることが...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「Inc.」の記事によると、僕たちは「1日に35,000の決断」をしているらしい。それはコーヒーの買い方から、SNSの投稿、ミーティングでの意見、聞く音楽...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...