今月、あのスキットルが真っ白に化粧した意味

LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、これまでNikeやAdidasがレインボーカラーのスニーカーを発表するなど、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表明してきました。

そういった意味でカラフルなSkittkesは、この時期のセールスに格好の大義名分があるはず。ところが、彼らの行動はというと…。

色を失ったSkittlesで、
LGBTQをサポート

7b8727678884585c17bc1350d4062d6752d739b3

パッケージも中身も、漂白したみたいに真っ白。でもこれ、味はもちろんそのまま。見分けこそつきませんが、レモン、ライム、オレンジ、グレープ…と、おなじみのフレーバーを楽しめるそう。

パッケージの裏、陳列用のポップにはこんな文言が。

「プライド月間では多くの人がレインボーに囚われ過ぎているんじゃないでしょうか。私たちは虹色を消し去ることでLGBTQの方々をサポートします」

重要なのはその中身
内面は人それぞれ

外見で判断するのではなく中身こそが重要。同じような見た目をしていても、内面は人それぞれ。トレードマークの虹色をあえて消し去ることで、企業としてのスタンスを明確に伝えているのではないでしょうか。

この企業戦略に、LGBTQの人たちや、活動を支援する多くの人たちを中心に、大きな反響を呼んでいるようですよ。

LGBTQプライド月間とは…

歴史は意外に深く1969年まで遡ります。同性間の性交渉を禁じる法律(ソドミー法)に違反していると、警察がゲイバー「ストーンウォール・イン」に踏み込み、そこにいた客たちが抵抗した事件が6月28日に起こったのが由来。2016年にオバマ元大統領が、「6月はLGBTQプライド月間」だと宣言しました。

Reference:sianyjenks
Licensed material used with permission by Nici Matthies
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
アメリカ・カンザス州に住む13歳の少女が、お気に入りの服を着て学校へ行きました。裾が広がりレースがついていて、肩が大きく開いたピンク色のトップス。「可愛い...
誰でもプライドは持っているものですが、特にプライドが高すぎると恋愛の悩みも絶えないようです。高い理想のもと仕事やプライベートで努力をしている女性にはいいと...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...