セックス中の「あえぎ声」をデータベース化

ヘッドホン推奨

と、ふざけて書いているつもりはありません。まじめな話、男性に限らず女性も、ひとり静かな場所でオーガズムに達した彼女たちの“アノ声”に耳を傾けてみませんか。

「リアル」と「フリ」の境界線
男女のセックス“悦び”の差

手始めに、まずは1本の動画を紹介します。

終始スペイン語ではあるけれど、肝心なのは内容よりもむしろ声としましょう。動画の被験者たちと同じように、まずは女性たちの「絶頂の瞬間」を聞き分けるところから。

B45d9311d4d7845973c3de6245207cbaa12221303b2e1e14be8bb1f2924960dc1cbdbc5d81c8a582

「xxx……」

文字で表現するにはあまりにもメロディアスすぎるため、そこはぜひ自分の耳で。

Cc02e26b96d50b37e42fcc9b007d8db264f8b837

すると突然、モニターにあえぎ声の正体が現れました。そう、これは声優によるフェイク。

663ae02593565ada7114cc97483161ab26abb6cf

ポルノ動画って可能性もあるなとは思ったけど、すっかりダマされたよ」と男性陣。一方、女性たちの反応はというと……「こんなのぜったい演技だって」と一人が答えれば、「そう?私には本番っぽく聞こえたけど」な意見も。

結果から言えば、被験者のおよそ6割がこれをリアルと答えたんだとか。では、たとえそれがフェイクだと分かったところで、どうだというのか。

Bijoux Indiscretsの調べによると、スペイン人女性の約66%がセックスの最中に、イクふりをしていると答えたそう。さらに、ほぼすべての人が性生活における“フィクション”は「ある」と自覚していることも判明しました。

セクシャリティの偏見をなくしたい

改めて、オーガズムを聞き分けるこの実験も、決しておふざけで行われた訳ではありません。実施したのは、女性向けアダルトグッズを専門に扱うスペインのメーカー「Bijoux Indiscrets」。

彼らこれ以外にも、18歳から55歳の男女およそ1,500人に対し「フィクションとリアルセックス」をテーマに、2006年よりオンラインアンケートや個別のヒアリングを重ね、セックスにおけるタブーや偏見の原因がどこにあるのかを、実験的にリサーチし続けているのです。

これは、そのほんの一例。

ポルノ動画を週に数回見る
男性:24.3% 女性:5.5%

性行為中まれにオーガズムに達しない
男性:5.2% 女性:22.5%

少なくとも1回はオーガズムを偽ったことがある
男性:21.2% 女性:52.1%

映画のようなロマンチックなセックスがしたい
男性:37.6% 女性:44.7%

ポルノ動画のようなセックスがしたい
男性:38.2% 女性:22%

ポルノ動画が男性たちの欲望や期待、性的行為に与える影響は非常に大きい、と同メーカー。これに対し本質的に女性が求めるものは、快楽による心からの悦び、と。

女性たちの“イク声”を
一般公募!?

セックスに対する男女間の意識の溝、あるいはポルノ動画の描写とリアリティとの根本的な違いに改めて目を向け、耳を傾けることで、性の悦びを謳歌してほしい。そこでBijoux Indiscretsは、性生活にはびこるフィクション(つまりはフリ)をなくそうと、あるプロジェクトを立ち上げました。

オーガズムに達した女性たちの「声」を集め、サウンドライブラリーとして公開する、というものなのですが…。

驚くことに、これらのデータはすべて公募によるもの。つまりは、ごくフツーの女性たちがセックス中に(あるいは自慰行為中に)録音した音声データだそう。確かに耳をそばだてて聞いていると、ベッドが軋む音だったり、衣類(?)が擦れる音だったりと、リアルな日常の雑音まで聞こえてきちゃう始末。


モーショングラフィックで
オーガズムを“見える化”

こちらはマーブル紙のような美しいデザイン。かと思いきや、以下は声の大きさや高さによって変わるモーショングラフィックを用いて、彼女たちの絶頂を視覚化したものだそう。

7e302779ff2409df9fb6944e0dfdd2b7c55f579b2c08c75c8f7e6d4360fb9290ae8cf1bb9add0841Ea682bfeff0f3f6908173c01970adf387e867debBfbd3cffe2449a81e1b4c921c009f3895e0f3f7123ada36cd0948d104935cb322871a89c8e36b9c06e9b1598132580fdc794483be0d461be7aab330a6d9495dfb1c5ba4fd174454fd948210ef6917e34

人々が求めるものは、快楽による心からの悦び。

と、世界中の女性たちからも“悦びの声”を募集するBijoux Indiscrets。世のセクシャリティに対する偏見が、声を集めることで実現するかどうかはわかりませんが…。それでも、冗談でなく協力できるという人は、どうぞ収録の準備を。

Licensed material used with permission by Bijoux Indiscrets
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
たとえ、愛するパートナーとのセックスでも、疲れていたり、乗り気になれない日もある。「早く終わらないかな…」なんて。そんなとき、つい「イったふり」をしたこと...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
「20代は、特定の相手に縛られることもなく、自由にセックスライフを楽しめる時期。だからこそ最高のセックスを経験できる」そう信じている人たちに物申したい、と...
聞きたくてもなかなか他人に聞けないのが、“性”に関する話題。でも、「YourTango」のこの記事には、女性ライターLindsay Tigar氏による赤裸...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライター、Gigi Engleさんの赤裸々な性体験についてのコラム。なぜ、年齢とともにセックスが「良く」...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
どんなにカラダの相性がいいカップルにもいずれやってきてしまう、倦怠期。それを乗り越えるためには、いつもとは違うシチュエーションを試してみたり、セクシーな下...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
かなりの好色家、という訳ではないのかもしれませんがアラサー男を代表して、ライターMatthew Farris氏がこう主張します。自分の性癖もカミングアウト...
セックスについて話すのは、なんとなく恥ずかしくて避けがちなもの。でもパートナーとオープンに話しあうことで、お互いにより良いものになると思いませんか?セック...