クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

もうすぐ、夏。あらゆる鬱憤を吹き飛ばしてくれるようなあの解放的なムードを待ち焦がれつつ、止めどなく汗の吹き出すウダるような暑さはやっぱり苦手。かといってクーラーがんがん効かせると風邪ひいちゃったりするし、かくも夏場の体調管理は悩ましいわけで…。

そういえば。電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?地球温暖化の影響がまだなかったとはいえ、きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマークが頭ん中を巡るなか、Facebookフィードに流れてきた「古民家に学ぶ暮らしの工夫」というワークショップの案内。なんでも夏の暑さ対策として井戸水を活用すべく、母屋の屋根を手作業でリフォームするとのこと。なんだか妙に面白そうだったので、水無月の某日、東京は国立市にある古民家を訪ねました。

情緒溢れる古民家へようこそ

48e8fd49fb4e354bc0a015ae164ff2698f1ea525Dd3930a13bd54ad4de195580a7c0d0e6a4bc48ff

その築70年ほどの古民家は、江戸時代から続く旧家「本田家」の敷地の一角にあります。現在は「やぼろじ」というシェアオフィス兼コミュニティとして、カフェ、工房、ガーデン、建築家、デザイナー、ギャラリーなどが入居。また、住や食、農や自然など“暮らし”に関するワークショップやガーデンパーティーなどのイベントも開催され、この地に欠かせない地域活性の場となっています。

約360坪の敷地には、古民家のほか、広々とした池のあるお庭、離れ、井戸小屋、蔵、畑が。車通りの多い街道沿いにありながら敷地内はとても閑静で、なんだかここだけ時間が止まっているような不思議な感覚に襲われてしまいます(とっても居心地よくて落ち着くわぁ…)。

「なるほど!」が満載の
ワークショップがスタート

午前10時にスタートしたプログラムは、まずはじめにやぼろじを統括されているWAKUWORKS代表の建築家・和久さんから、古民家を巡る歴史について、そして今回のワークショップの概要・目的などについてレクチャーしていただきました。

Ff1c32ebcb57ef51206ca677e2eec0a36bab7016

暑さや寒さって、気温だけじゃないんですよ。気温と、天井とか壁の表面温度。これを足して2で割ったもの。だから、いくらエアコンで涼しくしても蓄熱して表面温度が高いままだと、体感的には涼しく感じられないんです。そこで今回は屋根に井戸水を散水して表面温度を下げようという計画で、要は「打ち水」ですよね。打ち水は気化熱で気温が下がるので。

興味深いお話ばかりで、ふむふむと頷きながら聞き入る参加者一同。で、レクチャーの後は和久さんの案内で敷地内の散策へ――。

F43b4929319ecb050e5ac989478997f0d37993d7

裏庭にある大きな古井戸。ここから水を汲み上げます

21862b5a0893a6036e498e1acacc0ba0f67b8e90

旧家「本田家」は代々村医者の家系だったそうで、当時の道具類がたくさん

E90013f44b15b3f6da913c7317a54db38142c000

暖かな日差しの差し込む縁側

5e6910a8af72b5e7765e7d62b1f359473ae4ae0d

壁の欄間(らんま)も通気をよくして涼しくするための先人の知恵

屋根裏って、どんなところ?

0fda8f7632ce0d6a2388b521e4c4f11e9217afb8

敷地内をひと通り巡った後は、NPO法人「くにたち農園の会」理事長でもある小野さんに導かれて、いよいよ押し入れの天井から屋根裏に潜入!

何しろ入り口が狭く、薄い板一枚でモロい足場もあるので、恐る恐る、慎重に登っていきます。

Af5423a5b9ab9e9ff6e1afadc4d07be80fb2007a

屋根裏に登ってみると、そこはムッとするような熱気に満ちていて、かなり暑い…(直射日光、加えてちょうど階下のキッチンから熱が吹き上がってくるのです)。ここにバケツリレー方式でグラスウールの断熱材を運び入れ、隙間なく敷き詰めていきます。

前日も作業されていたので30分ほどで完了したものの、手はホコリで真っ黒。そして文字通り滝のような汗が。それもこれも快適な夏を迎えるため、オレ、がんばったッス!

Mission :
井戸水を屋根に撒くべし!

屋根裏に断熱材を敷き詰めた後は、裏庭の井戸から水を汲み上げるホースの設置作業がスタート。長〜いホースを古民家の壁につたわせて、ぐいっと屋根の上まで引っ張り上げます。そして、一行はハシゴで屋根の上へ。

Fc9b1794655b61e6b1bb937636f9b3ae60d0f4b64c77a05a494ecf2c1b27e32acce05ff3d7806604A5c54e5e33168236c324ea6eb3dae3e7ca22dd37

個人的に人生初のルーフトップ。瓦屋根の上を歩くのがなかなかスリリングで足がガクブルでした(のび太くん、よくこんなとこで寝てたな…)。小刻みに震えている筆者を尻目に、小野さんたちは勇猛果敢に散水ホースを設置していきます。

292902c2abb8e447b4fb5d736413dca5272fa7ea

セッティングが完了したら、いざ井戸水を放射!写真ではわかりづらいかもしれませんが、細かなミストが勢いよく吹き出してめちゃ涼しい!これで真夏の太陽で熱された瓦屋根もばっちりクールダウンさせてくれるはず。

266f0423dd71dcfc436f9466378d00cc8cef2785

約3時間に及ぶ作業を終えて、この笑顔(右から小野さん、「くにたち農園の会」の村井さん、そして古民家鑑定士・冒険家の稲村さん)。

ワークショップというか普通にしっかりワークした感じですが(それもなかなかハードに・笑)、古き良き時代の“営み”のようなものに触れられて、そして緑豊かな環境でカラダを動かして、とても気持ちのいいひと時でした。

果たしてこの散水装置がどれくらい活躍してくれるのかは、この夏、やぼろじを訪れてあなた自身で確かめてみてください。

併設された韓国食堂で
ランチを堪能

49fa0b2c6377179a8526a778bc804282fdcb7c3d

そうそう、作業の合間には、やぼろじに併設されている韓国料理食堂「つちのこ食堂」のランチをいただきました。

近隣の畑で採れた新鮮なお野菜をはじめ、ローズマリーのチキンソテー、水キムチなど、いずれも美味。そして参加者のみなさんとの会話もたのしくて(中には自分で古民家を購入された方も!)、身もココロも潤うような時間でした。

毎週月・火曜日のお昼時にオープンしているので、こちらもぜひ。詳しい営業時間などは公式HPでご確認を。

Photo by Akihiro Okumura(TABI LABO)
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
ひとり暮らしの何が大変かって、そう、メシですよね、メシ。外食ばかりだとカロリーや栄養バランスが気になるし、自炊しても食べ切れなかったりしてもったいないし、...
この写真は、とある民家の庭で撮影されたもの。突然オオカミが現れたことで話題になっている。かなり大きい。しかも、この獰猛な目つき。恐いっ!でも…意外と人懐っ...
エコビレッジなど、持続可能な暮らしを育むコミュニティでの宿泊・体験プログラムを提供する『NuMundo JAPAN(ニュームンド ジャパン)』が、日本初上...
3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。実際、この村=...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
一度価値を失った何かに、新たな命を吹き込み蘇らせる──。一見するとゴミとしか思えないモノを、回収・再生して作るプロダクトが増えてきた。ここで紹介する取り組...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...