不安を自信に変える「気持ちの片づけ術」

「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」

そう語るのは、メンタルコンサルタントの笠原彰さん。彼の著書『気持ちの片づけ術』では、感情を管理するテクニックを科学的に紹介しています。

ここでは「自信」についての内容をまとめました。大事なときにかぎって、いつもクヨクヨしてしまうという人は、参考にしてみてください。

01.
普段の「行動」から変えて
プレッシャーに打ち勝つ

F13b8a854221c6e445fd1a6d3f020230e821a001

世の中には「自分に自信を持ちたい」と悩んでいる人が数多くいます。しかし、ウジウジ悩んでいるだけでは意味がありません。行動に移すことが大切です。つまりは、練習をしっかりすること。その歩みが「私はここまでやってこれたんだ」と前向きな気持ちを生むのです。

「適当な練習で、メンタル面だけ強くなりたい」と考えているのであれば、それは大きな間違いです。メンタル面だけ強くても体力や技術がなければ、スポーツはもちろん、ビジネスや日常生活においても良いパフォーマンスを発揮することはできません。日頃の努力や行いが良い結果に繋がる、ということを覚えておきましょう。

それでも面倒だと言う人は、行動を変えてみてください。

・下を向いている
・声が小さい
・表情が暗い

こちらのように、自信がないように見える所作とまったく逆のことをするのです。

・視線は前を向き
・笑顔で堂々と歩く
・声も大きい

日常生活から堂々とした態度をとっていると、周囲から「変わったね」と言葉をかけられるようになります。周囲のポジティブな反応から、自分自身も前向きな行動ができるようになり、自ずと自信はついてきます。

【Do it】
自信のあるフリをしてみよう。

02.
自分を変えたいときは
〇〇になりきる

上述した方法を会得したあとに「次にどう動けばいいか分からない」という場合もあるでしょう。そんなときはモデリング(手本とする行動を様々な角度から観察すること)がおすすめです。

「お手本」を見つけて、なりきるのです。そして、なりきるなら「具体的に」というのがポイント。具体性があることで、やるべき行動が明確になるからです。まずはなりたい人や憧れの人物を思い浮かべて、その人の仕草や口癖、表情、ファッションなど、できるだけ細かいところまで観察してみてください。

続いて、座ったまま自分自身が颯爽と歩いている姿をイメージします。そのとき、自分の感覚を研ぎ澄ませます。そして、スロービデオで再生しているようにゆっくり動いてみます。最後に実際のスピードに少しずつ近づけて行動しましょう。

これらを繰り返すことで、効果的な練習ができます。こうした鍛錬を繰り返すことで、ネガティブ思考が生まれにくくなり、メンタル面も安定するという好循環となります。

【Do it】
憧れの人の、仕草、歩き方、口調を観察してみよう。

03.
ネガティブ思考が
止まらないときは?

B2aa71a162c7e3659a96c118fc3e9b724beca6cd

ネガティブ思考が止まらない状態は、決して悪いことばかりではありません。危険を察知する能力が働いて、自分自身を防衛できている証拠だからです。

人の心理では「生きていたい」よりも「死にたくない」がモチベーションになります。どちらも「生」への執着ですが「死にたくない」という切迫感があるほうが、何かをするために強いモチベーションになります。

ちなみに「生きていたい=接近動機」「死にたくない=回避動機」と言います。回避動機とは、いわゆる火事場のバカヂカラのこと。つまり、危機的状況でとても強い力を発揮できるものです。

無理にポジティブ思考へ変更するよりも、ネガティブ思考の自分で努力をしたほうが成功する場合があります。自分がすでに持っていることをアレンジするだけですから、非常に簡単です。無理にポジティブ思考に変えることもないですし、今までやってこなかったことを始める必要もありません。

もし自分がネガティブ思考だと言うのであれば、問題に優先順位をつけてみましょう。ひとつずつ解決していけば、芋づる式にクリアーになることがあります。まずは今あるべき問題に集中して対策してください。

このように、明るい未来を考えるにしても、暗い未来を考えるにしても、どちらも行動することに関しては変わりません。

自分はどちらのタイプかを分析し対策をしていきましょう。

【Do it】
とりあえずひとつの問題だけに絞って、対策を考えよう。

苦手な仕事や面倒な手伝いをやらなければならず、どうしても気持ちが乗らないときってありますよね。そうなると、いつまでたっても仕事は捗りません。メンタルコンサ...
とにかくあがり症で、本番前はガチガチになってしまうーー。「緊張」に悩みを抱えている人は多いかもしれません。メンタルコンサルタントの笠原彰さんの著書『気持ち...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
気持ちの整理をつけたくてもうまくいかないときには、そのことばかりに考えが集中し、どうしても気持ちが沈んでしまうものです。自分の気持ちをうまくコントロールで...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
いつの時代も、自信にあふれた人は輝いて見えるもの。でも、そうした人も、決して雲の上の人ではありません。あなたもほんの小さなステップで、そこに辿りつけるので...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
忙しいと、自分の良いとろこより自分の失敗の方が目についてしまいます。そしてそれを目の当たりにすれば、自分に自信がなくなっていきます。でも、毎日小さな習慣で...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
世の中にはいろいろな人がいますが、本気で自分に「自信」を持っている人を思い浮かべられますか?まるで、生まれついてからずっと自信家であるかのような人を…。多...
感情の知能指数「EQ」に関する情報を紹介するwebサイト「TalentSmart」からメンタルが強い人についての記事を紹介します。様々な調査や研究を元に考...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
ビジネスリーダーや先駆者たちの情熱を代弁し、これまでにのべ250社以上の従業員育成マニュアルをゴーストライターとして書き上げ、自らも50冊以上のビジネス書...
自分に自信がある人は、恐れているものや弱さなんて何ひとつないように見えるかもしれません。でもじつは、自身の短所を把握し、認めているからこそ自信を持てている...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
何をするにおいても、自分に自信を持っている場合と、そうでない場合とでは、違う結果が生まれてくるかもしれません。プレッシャーを楽しめることができれば、良い結...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...