「やばい、やる気が出ない…」を解決するリカバリー術

苦手な仕事や面倒な手伝いをやらなければならず、どうしても気持ちが乗らないときってありますよね。そうなると、いつまでたっても仕事は捗りません。

メンタルコンサルタントの笠原彰さんの著書『気持ちの片づけ術』では、そんな感情をしっかりコントロールし、モヤモヤした気持ちをクリアにするコツが紹介されています。それは、誰にでもできる簡単なメンタル・リカバリー。

やる気が持てなくて、毎日何となく過ごしているビジネスパーソンにぜひ。

2種類の「やる気」を
理解する

E04c81050bb561f90679d0f1b7589beec630495c

やる気とは、モチベーション(=動機づけ)のこと。

心理学における動機づけの研究では、多くの理論が発表されています。中でもモチベーションに関する理論を知っておくと、空回りしているときに自分で対処しやすくなるので、覚えておきましょう。

ここで、やる気に関する有名な理論である「外発的モチベーション」「内発的モチベーション」という考え方を紹介しましょう。

外発的モチベーションとは、稼げるからやる、有名になりたいからやる、といったように、給料、昇進、社会的地位の向上を目的として頑張ろうとする気持ちのことです。一方で内発的モチベーションは、楽しいからやる、好きだからやる、というように自分への興味や挑戦から生まれるものです。

その割合が時々によって違うだけで、人間は外発的・内発的に限らず両方のモチベーションを持っています。もしやる気が起きないとき「今どちらが足りないのか?」を検証するだけで理由が整理され、どうすれば良いのか対策が分かります。

たとえば

「経済的報酬アップを目的にやってきたけれど、お金だけでは満足できない。次は足元を見直して、内発的モチベーションで頑張ってみよう」

と切り替えができるのです。何かをする際は、自分の心に2つのやる気があることを自覚し、うまくコントロールしてみましょう。

【Do it】
2種類のモチベーションを使いこなそう。

「作業興奮」で
やる気スイッチを入れる

人が集中をするとき、照明のように突然「バチッ」と電源が入るわけではありません。何かをきっかけに、少しずつ集中力が高まるのです。そこに、自ら簡単な作業を与えることで、脳を軽い興奮状態へと持っていくことができます。これを「作業興奮」と言います。簡単な作業は、集中状態へ入るスイッチのようなものです。

このスイッチは、仕事だと、机を拭く、少し音読をする、短時間の散歩をするなどが該当します。みなさんも「自分はこれをすると集中状態へ入れる」という行動を色々と実験して「自分だけの作業興奮行動」を作ってみてください。

短時間でできるもの(集中したい時は◯◯のコーヒーを飲むなど)が見つかれば、すぐに集中状態へ入ることができるようになるでしょう。その日の思いつきで変えるのではなく「こうしたら私はこうなる」という行動を、事前に決めておくことが大切です。

もちろん、決めただけでは効果はありません。何回も練習してみてください。人のやることですから、飽きてきたり、形骸化して効果が薄くなることがあります。そのときはイチから作り直すのです。

自分に最も適している方法は、他人から与えられるものではなく、自分で発見することが重要です。試行錯誤して、繰り返し練習してください。そうすれば「あなただけのやる気スイッチ」が見つかるはずです。

【Do it】
集中するときに飲むコーヒーの銘柄を決めておく。

やりたくないことには
「ご褒美の美学」を

Cd056db65635fe647c3ab454e6883f358cd32fa6

好きなことをする、好きなものを食べることを目標に頑張ることは、モチベーション強化に役立つ方法です。好きなことをして食べていけたら最高ですが、現実問題として嫌なことや大変なことでも、やる気を維持していく必要があります。

ここで、気乗りしないときに役立つやる気アップ術「好子出現の強化」を紹介します。

簡単に言うと、テンションが下がるあとに楽しみを入れて、やる気を増幅させるということです。たとえば「嫌な仕事を終えたあとに、コンビニに立ち寄る」など簡単なことでもかまいません。ここで重要なのは、「好子(ご褒美)はできるだけすぐに与える」ということ。嫌なことがあってもすぐに良いことがあるので、モチベーションはアップします。

これは、自分がしたくないことを「しなければならないとき」に効果を発揮します。人間ですから、どうしても好きになれないものは存在します。「好きになろう」としてもなれないのが現実。それではパフォーマンスが低下してしまうので「好子出現の強化」をうまく使うことが大切なのです。

【Do it】
苦手な仕事は、ご褒美を想像して乗り切る。

「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
とにかくあがり症で、本番前はガチガチになってしまうーー。「緊張」に悩みを抱えている人は多いかもしれません。メンタルコンサルタントの笠原彰さんの著書『気持ち...
仕事をする上で「モチベーション」の有無はとても重要なことですが、勝手に生まれてくるものではありません。さまざまな要因で、ムクムクと湧き出てくるものです。池...
「モチベーションアップの方法」については、さまざまな論文、書籍、ネットなどで紹介されています。しかし、ひとつの方法を試したからといって、すべて解決するかと...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
モチベーションは、どこからともなく心の中にやってきて、見えないところで私たちを動かし、いつのまにかいなくなってしまうもの。人間にとって重要な心理のひとつな...
やる気の出し方は、人それぞれ。誰かから励まされるのがいちばん効く人もいれば、切羽詰まったら驚異の集中力を発揮する、なんて人もいるでしょう。Grant Sn...
「もっとやる気が出せればいいんだけど…」という相談をよく受けます。解決する方法はいくつかありますが、特に効果的なのが「小さなきっかけ」を作ること。まず行動...
どうしても「やる気」が出ない日は、誰にでもある。でも、自分だけの力でモチベーションを上げるのはなかなか難しいもの。だからこそ、思い悩んでしまう人もいます。...
人生は一度きり。毎日をなんとなく生きるのではなく、何か大きなことを成し遂げたいと思っている人は多いはず。でも、ときにはひと呼吸おいて、自分の考えや気持ちを...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
知的成果を生み出すには、「思考技術」のトレーニングではなく、具体的に手や足をどう動かすか? という「心得」のトレーニングが必要になってきます。ここでは「情...
「飛び込み100件!」と命令すれば、(パワハラかよ)と部下は腹の中で毒づく。では、どうすればいいか。「キミたちなら、飛び込み営業は何件までできるだろうか...
ビジネスでも、人間関係でも、普通に生活してれば困った状況というのは起きるもの。そうした事態に陥ったとき、どうすればいいか。ここで「言い換え」がものを言うの...
感情の知能指数「EQ」に関する情報を紹介するwebサイト「TalentSmart」からメンタルが強い人についての記事を紹介します。様々な調査や研究を元に考...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...