結婚が前提なら、5つの質問すべてに「YES」と答えられるはず

20代前半から一生懸命打ち込んできて、当時はついていくのに必死だった仕事も、今では余裕を持ってこなせるようになった。そうしてキャリアを積んでくるほど……気がかりなのは「結婚」の2文字。

恋愛記事で女性から支持を集めている、ライターAnjali Sareen Nowakowskiさんは、恋愛以外のことが順調な時だからこそ、「結婚を前提に」男性と付き合う前に、自分の心に確認してほしいことがあると語っている。

91715d904912829c0b3a7deb70ff9492b6a3c4a9

私は旦那と結婚する前に、確認しておくべきことを日記に残していて、実際にそれを確認するための時間を取るようにしました。ふたりにとって必要だと思ったのです。

確かに気が進んだわけじゃないけれど、こういうのは見て見ぬ振りをしていると、直前に大変な思いをしてしまうかもしれない。できるなら親密な関係になる前に、自分の心と、相手のことを理解する必要があります。

しばらくの間、一人暮らしで仕事を頑張って、家事をして生きてきたなら尚更。自分自身に問いかけてみてください。

01.
自分の問題に目を背けていない?

Cb1db540207485aaff76c99bef696c6e97560816

恋人ができたからといって、彼はあなたの問題を解決してくれる、スーパーマンではありません。子供の頃から抱えている悩みや、家族の揉め事に巻き込むことは、状態を悪化させてしまうだけです。人任せではなくて、改善するためにできることを、ひとりで考えたり向き合う努力をしていますか?

あなたの心が依存や甘えを求めているのではなく、共に高め合いたいという思いや、支え合いたいというものなら、ふたりで幸せになれるでしょう。

02.
寂しさを埋めようとしていない?

仕事にやりがいがない、友達が遠くに行ってしまう……何らかの理由で、人生に刺激や、新しいものを無条件に求めていませんか?

今欠けているものを、恋人をつくることで埋めようとしているだけなら、それは危険です。相手にとって、すがりつかれることは相当なプレッシャーになってしまいます。あるいは、あなた自身が恋人にすぐ飽きてしまうでしょう。

03.
恋人とデートする時間はある?

D51c11b60032fc6962670dfb62573e5630010dfa

愛情を育んでいくのに、十分な余裕を今のあなたが持っているのか、よく考えてみてください。

ひとりで生きている分には満足かもしれませんが、それを恋愛に費やすことができますか?

1週間に100時間働く弁護士なら、今は真剣な関係を始めるべきではありません。ひとりでも忙しい時に、誰かのために時間をつくるのは不可能に近いです。

心の底から相手と関係を築きたいと思うなら、今の生活リズムを見直しましょう。

04.
自分の考えを変えることが出来る?

みんなから憧れられるようなカップルは、様々な困難を乗り越えて関係を築きあげています。

妥協できない性格だと自覚しているのなら、日頃から誰かに合わせる訓練を心がけた方が良いかもしれません。

結婚を見据えて交際を始めるということは、たくさんの妥協や話し合いが必要とされます。住む場所、結婚式、家族と過ごす時間……外食はどこに行きたいか、など小さなことでも。自分を変える準備はできていますか?

05.
心から「真剣な交際を求めている」と言える?

C1a8f844672bb40f1077202e15b188f67f5c7ec7

ひとりになって、冷静にもう一度考えてみてください。結婚を前提として付き合いたいと思っている理由は何ですか?

私たちはしばしば、こういった心の整理や、自分の理解に十分な時間をかけないまま、決断をしてしまうことがあります。自分ひとりのことではなく、誰かと関係を持つということならば尚更、慎重に考えましょう。

あなたがこの5つの質問に心から頷けないのなら、まだ決断するべきではないかもしれません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
人生最後の日まで「一生の愛」を誓えたら、これ以上に素晴らしいことはないですよね。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパートPaul Hud...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
誰しもが、結婚するときは幸せな家庭を思い描いて、大好きな人と一緒になれた喜びでいっぱいのはずですが、結婚生活が「日常」になるにつれて、ささいなことでケンカ...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...