「ワインを表現したコーヒー」で、昼間からリッチな気分に!

私はコーヒーは好きだけどワインは苦手だ。けどグラスを片手にする友人を見ると、どことなく「リッチな雰囲気」がしてつい憧れてしまう。でもこれからはただ眺めていなくてもいいコーヒーが登場した。

お酒を飲めない時でも◎

522c9b5845760a9377af33ccc440c1018c14180a

千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。店主の蛭田智也さんはコーヒー好きのソムリエだ。新商品を作ろうと思ったキッカケを聞いたら、店に立つからこそ生まれたアイデアなのだとしっくりきた。

「ランチタイムには車でお店に来てくださる方も多く、『お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、リッチな気分を味わうことができないだろうか』と考えたからです」

もともと「珈琲とワインを軸に暮らしを楽しむきっかけをつくりだす」というコンセプトで始められたお店。そこから逸れず、お客さんをよく観察して気持ちを汲んだからこその商品といえる。

理想の味を生み出すのは
旅先で惚れた販売店

51bf6041781fc5d64ac9c6db58ae40cbf079e9fd

焙煎するのは、コーヒー豆の卸業や販売をおこなっている静岡県の「IFNi ROASTING&CO.」。店主が旅行で立ち寄った場所だ。この店であれば理想の味や香りを表現できると信じて依頼したということ。その時、表現して欲しい味として渡したのは、イタリアの自然派ワイン。「個性が強いため、ワイン特有の余韻やリッチ感を珈琲でうまく表現できるのでは」と考えてのことだった。

8fe9de145c61e54a7fe10916fe267ecde7cf192f

理想のコーヒー豆を作るという重大な任務を担うことになったロースターの松葉さん。工夫したり苦労した点についてこのように語ってくれた。

「ワインの特徴と同じ良さをもつ豆をいくつか使ってブレンディングをすることが工夫した点です」

「難しかったのは、豆の一つ一つにいつも自分がしているのとは違う、個別の焙煎を施すことでした。例えば、一種の豆がもつ本来のキャラクターがすべて出る焼き方ではなくて、コクだけを強く出したり、別の豆は果肉の酸を感じさせるだけの施しをしたりというところです」

赤か白かは
その時の気分で

31268840c862294cc2f0d98dc6bdb419d616559b

赤ワインブレンドは、豊かな甘みとコクが特徴。アイスコーヒーにするとより赤ワインのような果実味が楽しめるとのこと。これからの季節にピッタリ。

3520ed0e72656ef6cb32589d3858b3cf690bb459

白ワインブレンドは、透明感のある口当たりと余韻が売りなんだとか。朝や仕事中など、すっきり爽快な気分になりたい時にオススメ。

それぞれ100gで税込み1,080円。店頭・インターネットで豆の販売を行っている。一杯淹れるだけで、気分をぐっと上げてくれそうだ。

A3e4b76825c55daffeb7e4f08344cdd3ba6c091a

【店舗情報】
珈琲とワインのある暮らし25
・住所:千葉県千葉市稲毛区黒砂1-14-6山政ビル
・営業時間:7~9時,12~15時,18~22時(L.O 21時半)
・定休日:日、月

「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
カッピングスプーンは、抽出したコーヒーをすくって、液体を強くすするための道具です。霧状にして口のなかに含むと、コーヒーの質の良し悪しを客観的に判別出来るん...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...