エアバスが開発中の「街乗り用」フライングカー

民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。

「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちですが、このフライングカーは、近場の移動手段として構想されているそう。

車より電車より手軽な
街乗りフライングカー

「Vahana」は、個人が日常的に利用できる、手軽なフライングカー。

Ac9adc9b92b09ab553f6df625cc6e951fe251033

スマホアプリで呼び出すと、現在地から一番近い停留所に迎えにきて、目的地まで自動で連れていってくれます。

Bb74e4f0b0b3d50fc076b3ee72f742166c38c10a

この車、入り組んだ街中でも場所を選ばず自在に発着することができます。

それを可能にしているのは、前と後ろの翼にそれぞれ4つずつ配置された電気モータープロペラ。これにより、垂直離着陸と水平飛行を実現しているのです。

駐車場に車を取りに行くように気軽に、電車の時間に合わせて駅へ向かうよりずっと楽に利用できるとか。

3f1b0e07ed6507658bad0a05e11e8563f9fe0bec

最高速度は時速225km。一般的な電車を頻繁に利用している人は、半分以下の速さで目的地までたどり着ける計算です。

491b285f91c2d8316cc7ee302507e8c803e7c757

自動運転で心配になるのは、予期せぬ事態にきちんと対応できるのかという点。例えば他の空飛ぶ車と経路が重なってしまったり、鳥などが飛んできたり…というトラブルも考えられます。

しかし、そのあたりは当然考慮されていて、センサーやカメラ、GPS、AIコンピュータなどを搭載し、周囲の環境を検知しながら飛行するようプログラム。

空路を使って
「近所をぶらり」する未来

0cb27c54f18493cd13ae80031fd7e5ebfbd1b61b

今後、人々の移動手段はどんどん進化していくことでしょう。この「Vahana」が実用化されれば、誰もがもっと身近に空の旅を楽しむことができるようになるかもしれません。

とくに、公共交通機関が整備されていない郊外に住んでいる人にとっては、非常に便利なツールとなるのではないでしょうか? 移動の幅が広がり、地域間の格差がより少なくなる可能性も期待されています。

250cd4a66d0c64fa4c6575da612b44c4f4d9ccfa

実現にはまだ時間がかかるかもしれませんが、「Vahana」を利用する未来はそう遠くないところまで来ています。ちなみに、サンスクリット語で「神の乗り物」を意味するらしいですよ。

Licensed material used with permission by Vahana
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
ドライバーに代わって人工知能(AI)がハンドルやブレーキを操作して、目的地までたどり着く「自動運転」。近い将来、急速に市場が拡大することはもはや自明の理だ...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう...