絶対に二度見してしまう「ウッドアート」

今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。

今回、紹介するのは、カナダディアンのアーティストMskull Lasserre。彼の数多くの作品から、木を素材にしたアートをピックアップしてみた。その作風は、まさに大胆で繊細。まずは、この作品を。

一見、丸太がロープで
繋げられているだけだが…

75482857f23df5e9939b7d07ec9fc744cd11d0b8

ちょっと近寄ってみようか

561c834e1f12afddb96952240b316cb4c67d149c

ここまで寄ったら分かるかな?

De5d7329cd5c466052494358dfc0ec1f55f08b1b

そう、この作品。ロープの部分まで木で作られているのだ。もう、一度、上の写真に戻ってみようか。遠目には、どう見ても木とは思えない。どうしてこんなことを考えられるんだろう?

次は、このアフリカ風の木彫り人形。何の変哲もないけれど…

2945c1f92f1d83c079fc252abcc57cf8d7827d6d

向きを変えるとこの通り

2b731f4a305db327273253507601ee7fbbd72fbe

しかも、スゴい細かい!

296602480fa588da38e1668a14f70c51a3387f90

まるで、人体模型を彷彿させるような作品。グロいけれど、妙な、美しさを感じてしまう。ちなみにMskullは、南アフリカで過ごしたこともあるようなので、その時の体験からインスパイアされているのかも知れないな。

続いては、ダック。これは、日本でもよく見かけるけど…

5cc753b7a7f0904f7942f10810024d8c7f492394

何となく予想はしていたが

824b2c34ab660352ba71b7da13d7b799ec4952af

やっぱり、細かく作り込まれてる…

Dfad37ac5175eae76403b1b622e7bdf5b1ebf935

これもリアル過ぎて、気味が悪いよね。夜中にトイレで起きて、こいつを見たらギョッとしてしまうに違いない。それにしても、骨格周りの表現力は目を見張るものがある作品だよな。どうやって製作したんだろう?

最後に紹介するのは、椅子。棒みたいなのが置いてあるけど。近寄る前にちょっとだけ想像してみて。

木が崩れているところが
あやしいなぁ…

539fb980cefecf0d345e77d2ac2844380d3bc5be

あなたには何か見える?

Bf233c9dca182bdecdcc1f5e6b0a4dd0e2175c04

鳥がいるっ!

C24c77428128202e16dfdd44a15fb7e4e23ba260

思わずドキッとした人も多かったはず。Mskullは、木だけではなく鉄やインスタレーションまで、様々な手法を用いてアートを仕掛けている。気になる人は、是非サイトを訪れてみよう。大胆さと繊細さが同居する不思議な作品を楽しめるはずだ。

Licensed material used with permission by Maskull Lasserre
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエ...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
目を引く大きいカラフルな絵。一見普通のポップな絵に見えますが、よく見ると…中心に人が立っているんです。Ben Heineさんの大胆な作品をご覧あれ。Ben...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
場所は、カリフォルニア州レッドウッドシティのダウンタウン。ストリートを歩くとちょっとヘンな状況に気づく。何がヘンって?影ですよ、影。それにしても、何かほの...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...