時間の概念を覆すアナログ時計が、旅の相棒になるワケ

海外へ旅をする際に必ずつきまとう問題は、時差。

いくら気をつけても、時間で失敗…。そんな経験は僕だけではないはず。日本には1つのタイムゾーンしかないけど、横に広いアメリカなんて4つのタイムゾーンがある。あるいは、ヨーロッパを横に移動する時、なかなか慣れないものだったりする。これまで、心臓によくないほど焦ったことが、一体、何度あったことだろうか。

今ではスマートフォンがあるけれど、Wi-Fi事情に疎いアナログ世代の僕には…はっきりいって煩わしい。で、腕時計と考えるのだが、時間に加え日付を合わせるのに30日分もネジを巻き続けなきゃならないのも面倒だ。(逆巻きは故障の原因にもなるので)

できれば、1発で時刻を調整できる方法はないものだろうか…。そんなことを考えていたら、最強のアイテム「KLOK02」を見つけた。

24のタイムゾーンを
瞬時に把握

71d3ae0297030334a983a7eb0ecd137ba5333aa8Cf05b10d3d184b433b8a66085e699929c84007c7

世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示される。で、右下にあるボタンを押すと時刻と都市名が瞬時に変わるようだ。こういうアナログ感を心待ちにしていたんだ。これなら、年齢が進んだとしても使えるはず。だって、簡単じゃないか。

時刻の見方だって、じつにラク。真ん中の窓が時間。半円を描く数列が、分。そして、矢印が秒というワケだ。ちなみにこの時計が示す時間は、10時20分42秒。そして、タイムゾーンはロンドン。まあ、慣れちゃえばスマートフォンやフツーの腕時計をいじるより断然早いだろう。アナログ人間の僕にとっては、特にね。

その日の服に合わせて
バンドの着替えができる

5d4db57f7ec9eef46769c1e34abf25abd0693938

これまでだって、時計のバンドは、変えられるには変えられた。だけど、これも面倒くさかった。それは、おそらく僕だけじゃない。だから、時計のバンドを変える人って滅多にいなかった。

でも、「KLOK02」なら、ベルトの着替えはワンタッチ。その日の服のコーディネイトに合わせて自由にバンドの色を変えられるのだ。また、バンドは単体でブレスレットとしても使えちゃうってのは、ポイントが高い。しかも、アタッチメントを使えば、懐中時計みたいに変身もするのだ。

7273f27cffbe644468deae730b8865854517b882

じつは、スイスメイドの本格派

C19d0332f99c482d9aa14b4abf46be50a0eeb33cDbe7a7430990864396e5dd2bcc77c91f41b26822

「KLOK02」は、かなり個性的なフェイスだけど、じつは、時計の本場であるスイスメイドブランドだ。時計の固定概念を崩してやろうっていう意気込みの2人のフランス人男性によってつくられたとのこと。

Nicolas Boutherinは、デザイン担当。一方のRichard Pirasは、テクノロジー担当。このバックグラウンドの異なる2人がコラボレーションした結果、革新的な時計が誕生したということなのだ。

2015年には、「Kickstarter」で、前作の「KLOK01」と「KLOK02」を発表したところ、60万5,000ユーロ(約7,554万円)もの資金を集めたらしい。そして、現在、これまで日本未発売だったモデル「KLOK02」は、クラウドファンディング「Kibidango」国内先行発売が決まったとのことだ。

予約開始日は、7月中旬〜下旬となる見込み。気になる値段も、まだ未確定のようだ。海外には行くけど、僕みたいに面倒くさがりな人にこそオススメしたい。

Licensed material used with permission by きびだんご事務局
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
この「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」が持つ機能はシンプルです。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれ...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...