家中を落書きだらけにした犯人は「ママ」だった

浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。

「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、時間が許す限り落書きに没頭しているとのこと。常に何かを描き続けることで、想像力を膨らませるためなのだとか。

浴室の壁、タイル、バスタブにも

E6e63cc122eaa3a951276b648f7dfc40d8a9e19a

トイレの壁にも

6c237def2453fc708e87940548e20d37400cf0b6

そして、息子の部屋にも

4e71da69d46ffff6800de228ae43872f01d0bf92

どこでも落書きやり放題!

Bee169c55e1728a112b49f0bc0b0509eb0922160

家の中では物足りず、外壁まで

F45689e58ca29565d392f672a2ffc11e99a90ad2

いーかげんにしなさい。

980588a36613999fdd26a8f6a02e576c367428a8

そして、このドヤ顏。
誰もあなたを止められない(笑)

78b5467cbbc098f319b9a05f711c26d74358609c

それにしても本当に家中が落書きだらけ。最後の写真では、自分の服やマグカップにまで!

彼女の落書きの様子は、動画でもチェック可能。

冒頭に一瞬だけダンナらしき人も登場するが、どことなく諦めている様子が垣間見える。ちょっぴり気の毒な気もするけど…。ごめんなさい、笑ってしまいました。

Licensed material used with permission by Joke Neyrinck, (Instagram), (Facebook)
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
ベルギーの街角でいたるところに出没する小さな清掃員たちが話題になっている。落書きを消したり、植物に水をやったり、ゴミの山と戦ったりと街の美観を保とうとオジ...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...