暗い過去を持つ動物たちとの「ビビッドなポートレート」

ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。

このシリーズはフォトグラファー・Natasha Wilsonさんによるもので、同じ世界に共に生きることをテーマに作られているそう。

闇から救い出された
動物たち

ここに写っている動物たちはみな、不法な取引によって所有されていたり、捨てられていたり、母親の育児放棄によって保護施設に引き取られたりといった過去を持っています。

サーバルキャットのMonzoは11歳。アフリカの優しい老猫です密猟されていたところを保護されました。

Dobieは1歳のフェネックギツネ。育児放棄されていたところを救助されました。一刻も早く、他のフェネックの群れに帰れますように。

Natashaさん(@deanastacia)がシェアした投稿 -

Animal Tracksには5匹のフェレットがいます。不法に所有されていたところを救助されました。今ではみんな愛情を注がれて、兄弟のように仲良く生活しています。

Scoutは5歳の、オオカミと犬の雑種です。人なつっこく、誰とでも仲良くできる優しい性格です。彼は健康状態の問題で、映画業界から引き取られてきました。

Natashaさん(@deanastacia)がシェアした投稿 -

Lukeは7歳のリスザル。スター・ウォーズのレイア姫に愛されていたサルとして有名な種類です。この子は個人に所有されていたとき、別のサルとの争いで右手の指を全て失いましたが、今は平和に暮らしています。

テンジクネズミ。2歳です。所有者に捨てれていたところを保護されました。靴紐と美味しい食べ物を何より愛しています。

Erminatorはビルマニシキヘビ。1990年代後半から保護されていて、今年20歳になります。

キンカジューの二匹。Honey Bearは他の施設から引き取られ、Lunaは母親から襲われたことが原因で保護されています。

オウムのJakeとCamiです。ペットとして飼育されていましたが捨てられました。動物園の職員さんと食事をすること、音楽を聴くことが大好きです。

Natashaさん(@deanastacia)がシェアした投稿 -

Frank the Tankは4歳のアルマジロです。彼は孤独とカリカリした昆虫と大きな砂塵、そして穴掘りを心から愛しています。

自然環境の中で生きられなくなった彼らと共存すること。その力強さが、彼女の写真には表れているのかもしれません。

Licensed material used with permission by Natasha Wilson, (Instagram)
魔法でもかけたの?メルヘンチックなアニマル・ポートレートの撮影を続けているのは、アメリカのロードアイランド州在住のフォトグラファーRob MacInnis...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...