鬱病の女性が「青い蝶」に込めたのは、未来への希望だ

英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニューヨークを拠点に活動しているAnya Antiさんは、そんな慣用句をテーマとする作品を制作した。

今から紹介する写真は、彼女の心の中にある大きな不安やストレス、そして「闇」を表現したものだ。

A158826a18ef462366312fd0372284f55c546f4b

その「闇」とは、数年間悩まされてきた鬱病に関係している。元々ウクライナ出身で旦那と共に約3年前にアメリカへ移住してきた彼女。荷物は鞄に入れてきたもののみで、仕事もすぐには見つからなかったという。当時もがき苦しんだ経験と今も続くホームシックのため、心に病を抱えてしまっているそうだ。

だからだろう、彼女がこの写真に込めた本当の意味は「生まれ変わり」。新たな自分になりたいという願いが、フレームいっぱいに表現されている。お腹から蝶々が飛び出すそんな不思議なイメージを作り上げる様子は、以下の動画にまとめられている。

Licensed material used with permission by Anya Anti, (Instagram), (YouTube)
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
無自覚のうちに、心の病にかかっていたKelly Nelsonさんは、家族の死をきっかけに自分の心に疑問を持つようになったと言います。ひとりになることを過度...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...