障害者も思い切り楽しめるテーマパーク。細やかすぎる気配りに脱帽

障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内には健常者には見えない障壁が少なからずあるだろう。じゃあ、全ての人が楽しめる、真のバリアフリーって?

それを追求したテーマパークがテキサス州に登場。あらゆる工夫がなされた、本気の取り組みを紹介しよう。

開発から取り組んだ車椅子で
アトラクションを楽しめる

「全ての人に素晴らしい思い出を」がコンセプトの「Morgan's inspiration waterpark」は、車椅子の人も何不自由なく楽しめるよう、パーク内専用の車椅子を開発。これは、空気の力で動くもので、手動のように疲れることもなければ、電動のようにバッテリーや水濡れに気をつける必要もナシという優れもの。

また、車椅子に乗ったまま楽しめるアトラクションもたくさん取り揃えてある。乗り降りを気にして思いっきりはしゃげない、なんてこともない。

人混み対策もばっちり
パニックや迷子も防止

身体障害だけでなく、パニック障害や認知障害の人、その付き添いの家族にも安心して遊んでもらうため、人混みにも気を配った対策がなされている。

まず入場制限で「混みすぎ」を防止。さらにクワイエット・エリアを設けることでストレスを感じた人が休むことができるように配慮した。

もしも迷子になっても大丈夫なように、ウォータープルーフのGPS内臓のリストバンドも配布。はぐれたらこれを使って、相手の現在位置を確かめることができるのだ。

オープン時には
障害者団体も協力

パーク開設にあたっては、パークコンサルタント、医者、療法士、身体障害者などを対象とした特別教育の先生、介護士、さらには障害者の権利団体とも提携。

オープン前には実際に障害者の人々に一足早く遊んでもらい、フィードバックをもらうことで試行錯誤を重ねた。他の追随を許さない、行き届いたサービスはたくさんの人の協力によってできているのだ。

すべての人の
「できること」を広げたい

この他にも、パーク内で撒かれている水の温度の自由調節や、敏感な人に向けた水質管理、アトラクションでの支援スタッフの配置など、細かなサービスを挙げるとキリがない。

今まで障害を理由に諦めていたことが体験できる、あらゆる可能性の広がる空間。健常者も障害者も、本人も付き添いの家族も、すべての人のための場所。その実現のために力を尽くしたこのパークは、今までにない存在として注目を集めている。

Licensed material used with permission by Morgan's Wonderland
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
「ネズミ」と「テーマパーク」。こんな2つのワードが並んだら、万国共通、老若男女、問答無用に“アレ”が思い浮かぶはず。そりゃあもう、仕方ない。でもでも、そん...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...