ネガティブな人とスマートに付き合う「10の方法」

たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジティブ精神を忘れずに、誠意を持って接することが大切です。

I Heart Intelligence」のDondi Leighさんは、そんなマイナス思考な彼らとうまく付き合っていく方法を提案しています。

01.
冷静に物事を分析する。

2409e5c77fd20374a937057fa5c0a6e964cf8c09

ネガティブな人は自分の考えが「正しい」と思ってもらえるよう、洗脳するのが得意。優しくて思いやりが厚い人は、彼らが少しでも変わってくれることを信じて、新たな見解を持てるように手助けするでしょう。

ただそれでも変わる気がなく、彼らのネガティブさに引きずり込まれそうなれば、縁を切るのもひとつの手かもしれません。

02.
ポジティブな環境づくりを心掛ける。

あなたがつねにポジティブさを忘れず、周りにも同じように前向きでいてもらう「自分のなかの基準」さえ持っておけば、ネガティブな彼らは「同調するか離れるか」を選択するでしょう。

それは、酷なことでも何でもありません。基準を立てることは、メンタルを健康に保つひとつの手段なのです。

03.
先入観や偏見を持ったまま接しないこと。

まずは、偏見を持たないこと。みんなそれぞれ違うバックグラウンドがあり、ネガティブな考えを持つようになってしまったことにも、何かしらの理由があるでしょう。

偏見を持つと、言動からすぐその考えが露わになるものです。マイナス思考な人と解決案を見出すときは、先入観を持たずに話し合うことがベストです。

04.
大人な対応をする。

思ったことをすぐ口にしたり、相手を侮辱したり…。私たちはもう子どもではありません。相手に敬意を持って、大人らしく対処しましょう。

05.
とにかく笑顔で。

7210cdecaef8d284d19ca564454b234a5ad99085

笑顔は、ネガティブな人に「この世も悪くない」と思ってもらえる最高の武器。彼らはよく「世界は敵だ」と思い込んでしまいがちです。

どの手段も彼らに響かないようであれば、笑顔を見せてあげること。するとパっと世界が開けるかもしれません。

06.
必要であれば休憩を。

ネガティブな人たちから一旦離れるのも、もちろんありです。自分の限界を理解し、ときには距離を置くのも正しい判断のうち。

07.
思いやりを見せてあげる。

もしかしたら、彼らは生活面で悩みを抱えているのかもしれません。たとえばお給料や職探し、または住まいに対する不満、積み重なる恋人との喧嘩の回数、など…。

日常的なストレスからとばっちりを受けているだけ、と知るだけでも気持ちは楽になります。たとえそれ以外の理由があったとしても、彼らが抱える問題を知れると、思いやりも見せやすくなるはず。

08.
ポジティブ精神を持つことを諦めない。

驚くかもしれませんが、「自分はマイナス思考だ」と、みんながみんな自覚しているとは限りません。もしかしたら、ポジティブな考え方を伝えるだけで、彼らのネガティブは打ち消されるかもしれません。

諦めず、ポジティブな主張をし続けること。

09.
彼らの行動を正当化しない。

3a5ca53f32055ae30dc06073fa61bea675c6e6e2

なぜなら、そうしても意味がないからです。ネガティブな人は多くの場合、文句を言いたいだけ。そして、ただひたすらそれを聞いてくれる人が欲しいだけなんです。

そもそも、思いやりや建設的な批評は求めていません。

10.
自分のせいにしない。

これが一番難しいところでしょう。たとえネガティブな人に責められても、自分のせいにはしないこと。

私も最近、このような状況に陥りました。3人の共通の友だちの前で、1人が私のことをバカにしたんです。触れてほしくない話題に触れられ、私はその時点で耐えられなくなってしまいました。その刺々しい言葉を真摯に認めてしまい、泣きながらその場を立ち去りました。

でもそれは決して正しい言葉ではなく、彼も機嫌が悪かったから発した言葉だったのだと、あとから気づけたのです。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...