「君のお父さんになってもいいかい?」森の中での幸せプロポーズ

ある日、森の中で行われたプロポーズ。結婚を申し込まれた女性は、自分が一番大切にしているモノも全てひっくるめて受け入れてくれた彼の思いに、思わず号泣してしまったそうです。

「ぼくと結婚してください」

0c5ba6490df6eb2a91225f50d16fc76dd6faffc1

5歳の娘を持つCassandra Rescharさんは、シングルマザー。ネットで知り合ったGrant Tribbettさんと交際をしていました。

メッセージを送り合うことからスタートし、徐々に関係を深めていったふたり。出会って6か月ほどが経ったある日、ふたりはデートすることになりました。

B250f1d91f27e4f6809e068fdbbfbb0f3b24f326

彼は、娘のAdriannaちゃんを連れて森の中を散歩しようと誘いました。そして、3人が森の中の小さな橋にさしかかったとき、GrantさんはCassandraさんの足元にひざまずいて、プロポーズ。

…と、ここまででも十分良い話なのですが、プロポーズにはまだ続きがありました。

「もうひとつ」の
プロポーズ

3c8d523d88ff1cf5be3dbb5bdf74720cb0c20c58

OKをもらったあと、彼はもう1人にプロポーズしました。

「君のお父さんになってもいいかい?」

Grantさんが次にひざまずいたのは、Adriannaちゃんの足元。首にハートのネックレスをかけてあげました。

861e6a7667f759ead62d2c4f05bf5385220c5eda

「ママ!私、パパができたよ!」

笑顔のAdriannaちゃんを前にCassandraさんは感涙。

「彼は娘が私にとってすべてだということを分かってくれた。彼は付き合うだけじゃなくて、家族として受け入れてくれたの」

C726d5102bb7389ff5ea4619e904610bf5d6a59c

家族の形は人それぞれ。そこに愛があれば、何だって乗り越えられるのでしょう。

Licensed material used with permission by Mandi Gilliland
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。なんと彼女、これまで1...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...