2度目のデートの前に確認すべきこと。その彼、大丈夫?

最初のデートは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思えるかどうかが肝なのです。そして残念ながら、そこで「気になってしまったポイント」は、その後も改善されないケースが多いのだとか。

微妙な相手とずるずる関係を続けてしまう前に抑えておきたい点を「Elite Daily」のAlison Segelさんが8つ紹介しています。その判断力を磨くだけで、いち早く自分にあったパートナーに出会えるかも。

01.
店員さんへの態度はどうだった?

8573115b941a1f1739344318f3dfcafc6075de58

これができない人は、間違いなくレッドフラグ。誠意を持って接することができない、上から目線、無礼…このような人は、あなたにふさわしくありません。

自分にメリットがあるときにしかいい態度をとらない人は、「都合がいい男」である可能性が高く、モラルも欠如しがち。

バリスタに最悪な態度をとるような人ではなく、尊敬できる価値観を持つパートナーを選びましょう。

02.
話の焦点は「誰」だった?

仕事のいざこざ、過去のクレイジーなガールフレンドの話、幼少期の親の離婚のせいで素直に人を愛せなくなっている…とか、1回目のデートでそんな話はお断りしたいところ。

そんな彼は、デートをカウンセリングだと思ってる「勘違い男」かもしれません。

1回目のデートであなたへの質問があまりにも少ないなら、2度目でもそうしてくれる望みは薄いでしょう。彼はどちらかといえば、恋人とカウンセラーの違いが分かってないのかもしれません。

03.
たくさん一緒に笑った?

カップルで一番大事なのは、一緒に笑い合えるかどうか。

最初のデートで冗談を言い合い、楽しい時間を過ごせたなら、もう1度デートに出かけてみましょう。すぐに心を許して一緒にバカなことでも出来ちゃうのは、とても貴重。その関係の行く末は、探ってみる価値あり。

04.
スマホをチェックしてた?

Fc2998b9d5888956fcdcb149817d7e9703224ff3

デートをしているときくらい、100%集中してほしい。呼び出しされるような緊急の仕事をしている場合はもちろん話は違いますが、そうでもない限り、つねにスマホをチェックしているのはアウト。

せっかくのディナーで、InstagramやTwitterをチェックしてるなら、デート第2弾は考え直したほうがいいかも。

そんなにスマホを手放せないなら、あなたとのチャンスを手放すしかありませんね。

05.
ドキドキした?

友だちタイプなのか、恋愛に発展するタイプなのかは、意外と直感で分かるもの。

ハグをしたとき、胸がキュンとしましたか? 長く見つめられて、ドキドキしましたか?「また会いたいな」とワクワクしていますか?

ならばもう一度会って、様子を見るのもいいでしょう。

06.
ボディタッチしてきた?

最初のデートでボディタッチが少ないのは、シャイな人か、踏み切れずにいるからか。

でも、まったく触ろうとしてこない人ともう一度出かけるべきでしょうか?「私たち、どうなってるの?」というぎこちなさに悩む前に、彼に少し探りを入れてから2度目のデートの「あり・なし」を決めるといいかもしれません。

07.
聞き上手だった?

それとも、ただぼーっとしていましたか? それは、あなたの裸を想像していたからかも…。

話すことと聞くことがバランスよくできてこそ、「順調なファーストデート」と呼べるもの。ちゃんと話を聞いて、質問をしてきてくれましたか? 目線を合わせてくれますか?

話に割り込んでくるのも、良くないサイン。それは自分の意見を第一だと思っている証拠です。親身に話を聞いてくれる人なら、2度目のデートへ行くのもありでしょう。

08.
元カノの話題が出た?

521f64b3c336cd572f3a7e72506789fc55e7b31c

これは、レッドフラグ!

最初のデートで元カノの話をしてしまうのは、過去を引きずっている可能性大。つまり、気を紛らわすためだけにあなたとデートしている確率が高いでしょう。

誰かと真剣に付き合うことはあまり考えていないタイプなので、あなたは暇つぶし扱いになりかねません。帰宅後、彼は結局元カノをSNSでストーキングし、彼女を失ったがために感じている喪失感を友だちに語る日々が続くだけでしょう。

そんなのはパスしちゃいましょう。次です、次!

2度目のデートで残念な想いをする前に、あらかじめこの8つの質問を自分に聞いておいてくださいね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でしておくべき、というのがこの記事の主張。語って...
彼氏からの愛情表現がないと悩んでいる女子に向けて、確認しておきたい10個の項目を用意しました。それぞれ質問形式で投げているので、当てはまっている項目がない...
恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。...
好きであればあるほど愛情を表現するのってなかなか難しい。恋に落ちたばかりの時は恥ずかしくて言えないし、長年付き合っていると伝えなくてもわかるだろうって思う...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
Jen Glantzは、最近お目当ての男性が海外に行ってしまうと聞いて居ても立ってもいられなくなり衝動的に告白。遠距離恋愛もなんのその!と気合十分で望みま...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...