一歩ふみ出せなかったボクを変えてくれたのが、カメラとInstagramだった。

あれほどたくさん英語の授業を受けてきたのに、ほとんど英語が話せないボク。

そのせいか海外旅行に行きたくても、なかなか一歩を踏み出すことができませんでした。そんなボクを変えてくれたのが「Instagram」でした。

地球の裏側の人たちと
一瞬で繋がった

Ad6a84be52466348fc612920f0f316b1348bf71c

何を当たり前な、って思うかもしれませんが、写真をポストすると、すぐに「いいね!」の通知が届きます。しかも「いいね!」と思ってくれる人は、地球の裏側にいる、今まで逢ったこともない人たち。

これがすごく嬉しかったし、簡単に世界中の人と繋がることができる可能性にワクワクしたことを覚えています。

B8d2b5566688658dc9d445f6aaf8c8e153689428

そんなボクも、今では日本に訪れた海外観光客をお気に入りスポットに案内する観光ガイドをしています。告知はインスタだけ。日頃から海外の人を意識して、日本の魅力を感じてもらえるような写真をポストしてきたので、告知をすると「今度、大阪に行くから一緒に写真撮ろう!」というようなメッセージが届くようになりました。

Dadf666505add135e7d9be919b7d75455d28ac17

インスタはほとんど、ごちゃごちゃした街並みや神社仏閣といった、日本を象徴する場所の写真で構成しています。

そんなボクが、半年くらい日本で海外観光客の観光ガイドをしていて気付いたことがあります。それは「写真さえあれば、英語が話せなくても何となくコミュニケーションが取れる」というものです。

「このスポットに行きたいから、連れて行ってくれないか?」

インスタで連絡をくれる人は、撮影そのものが旅のメインの目的になっているので、だいたい行きたいところの目星は付けています。ボクは、その写真の場所に案内するだけ。

「Let’s go!」と声を掛けると、みんな喜んで一緒に来てくれます。中学英語でもなんとかなるし、スマホがあれば翻訳もしてくれるこの時代。一歩踏み出す勇気さえあれば世界はめちゃくちゃ広がります。

いざ、香港へ

3f6782077914bd02ae3ca23c14e8f3c3f9d3b17b

そして先日、ボクもインスタで気になるフォトグラファーに連絡を取り、初めての香港へ行ってきました。初日から2人、2日目は2人、3日目は3人と、結果的に7人の香港人フォトグラファー(うち1人は女性)と出逢うことができたんですが、これが大正解!

香港上陸するときは1人だったのに、実際には1人で過ごした時間のほうが少ないんじゃないかっていうくらい、3日通して朝から晩まで香港を満喫。

440f237c023fa1c8866c9572748d5ce07a2a513f
@Quarry Bay
471ad0c1feb018765834f4a931cfcd141eb8e7e0
@Yau Ma Tei
333b4f31075801af11d9442ecc4d6605344b5b6f
@North Point

初日に連れて行ってもらった場所が、このNorth Point。

黄色い横断歩道、赤いタクシー、トラム、道路両側からせり出す看板の数々は、ボクのイメージしていた香港そのものでした。「歩道橋」から見渡す景色は最高なので、とりあえず見つけたら登ってみることをおすすめします。

4d1dd225592fd2a1f1071ffe32cfad0ed01966e9
@Kennedy Town
50b9f0d99a52cc9198d70272252259b5efba4374
@Central

これまで海外といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かう、というのが一般的だったと思います。でも今は個人と個人が繋がり、現地の人にアテンドしてもらうことも当たり前になってきています。

Instagramという世界共通のツールを通して、ボクは世界に飛び出せるようになりました。次はストリートの聖地「ニューヨーク」へ行きたいと思っています。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...