「オトナの人見知り」を使いこなして仕事をする方法

「人見知り自体は悪ではない」と語るのは、認知行動療法のスペシャリスト清水栄司さん。その著書『大人の人見知り』によると、不安を持ちやすかったり、恥ずかしがったりする人は、繊細で、几帳面で、仕事が丁寧という特徴を持っている、とのこと。そうした性格を逆手にとれば、ビジネスで大きく役立つと言うのです。

今回は、清水さんが提唱する「メンタルコントロール術」を紹介しましょう。あなたが普段感じている壁も乗り越えられるかもしれません。

距離を縮める
「スモールトーク」

41b9b35018e7dc2d66e65ba8dbf2af2575d72b47

クライアントと自分、お互いとも人見知りだった場合、なかなか話が前に進まないことが往々にしてあります。ここでは、相手との距離を縮めるためにはどうすればいいのかを書いていきたいと思います。

まずは、ちょっとした雑談(スモールトーク)で場を温めることです。世間話が苦手でも、時間をとって雑談しようという姿勢は「あなたのことに関心があります」というプラスのメッセージになります。

スモールトークのネタとしては「相手のファッションなど目につくものを褒める」というのが王道とされています。外国人の場合、まず相手のアクセサリーや持ち物などを「素敵ですね」と褒めることから会話を始めるのもいいでしょう。ちなみに、私(著者)がよく使うスモールトークは、ニュースネタです。ネットニュースの見出しだけを見て「こんなことが書いてありましたけど」と会話を始めてしまいます。共通の話題ですので、ニュースネタが会話の潤滑油になってくれることがあります。

しかし、せっかく勇気を出して話題を振っても、相手の反応がイマイチな時もあります。でも、ここでガッカリする必要はありません。大事なのは「スモールトークが外れることもある」と知っておくことです。反対に、あなたが相手のスモールトークに乗れないケースもあるでしょう。まったく知識がないのであれば「興味があるので知りたいです」と話を広げておけばOKです。こうすることで、和やかな雰囲気になるはずです。

「緊張感」が
仕事の質を上げる

人見知りにつきものなのが「緊張感」です。適度な緊張をうまく味方につけると、仕事の準備をする際に精度が上がり、質まで高めることができます。しかし、緊張が過度に大きくなってしまうと、心の中が心配ごとに支配され、不眠症を招いたり疲れ果ててしまうので注意してください。

「人見知り」には几帳面で真面目な人が多く、仕事の準備も入念に行います。しかし、あれこれ考えすぎて何時間もかけていては、仕事の生産性は一向に上がりません。ここは準備しすぎないほうがいい、と割り切りましょう。多少の用意は必要でしょうから、時間を決めてください。完璧ではなくて良いので、ほどほどにすることが重要です。

「30分悩むと500円使ったことになる!」といった具合に、準備の時間を時給に換算するのも有効です。打算的に聞こえるかもしれませんが、そう思うと無闇に時間をかけるのが惜しくなります。

あれこれ悩んで病気などになるのであれば、シビアに考えて悩まなくなるほうが健康的です。

「人見知りだからこそ良い」
という発想の転換

9b21cb52fb67d201ea005e4492d8106f6cc12d8a

ここでは「軽薄すぎる口八丁手八丁な人」Kさんの事例をご紹介しましょう。

Kさんは営業マン。成績が良く、モノを売ることに自信を持っている人です。確かに彼は口から生まれてきたような人で、明るく勢いが良いのが魅力。しかし残念なことに、誠実さに欠けるところが見受けられます。実際、取引先から「あなたの話を聞いてすごく面白そうだから買ったのに、商品はあまり良くなかった」と、後からクレームが入ることも少なくありません。

彼は口が達者ですが、人間関係は長く続きませんし、大口の顧客もなかなか獲得できません。「人見知りの人」は、口八丁手八丁の人をうらやましいと思っているかもしれませんが、Kさんは参考にできませんよね。

彼の場合は「鈍感力」が強すぎて「敏感力」が足りないのでしょう。そう考えると、人間関係のなかでは、ある程度の繊細さも必要だと言えるのではないでしょうか。すべての話し上手、世渡り上手の人を嫉妬する必要なんて、まったくないのです。みんながみんな外交的な人ばかりだと社会全体としては困ることになるでしょう。内向的な人見知りの人がいるからこそ成り立っている部分もあります。

仮にあなたが人見知りだからといって、悲観することはありません。「こういう性格だからこそ良いところがある」と前向きに捉えることが大切です。

「コンビニで、美味しそうな限定スイーツを買いたいが、レジに持っていくのが恥ずかしい」という男性。「憧れのヘアスタイルにしたいが、美容師さんとの会話が苦痛で...
外交的な人をよしとする風潮が高まっている気がします。明るさや社交性なしには、就職活動も社会に出てからもうまくいかない場面が増えてきました。でも、だからとい...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
一般的にAB型というと「個性的」「二面性がある」などのイメージを持たれることが多いようです。「AB型」でかつ「長女」、つまり「AB型長女」となると、周囲の...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
世の中にはさまざまなタイプの人がいるので、おしゃべりの人がいれば、無口な人もいるのが当たり前です。しかしながら、恋人や友人、仕事関係の人などに対して「何を...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
誰もが持っていて、使い方さえ知っていれば人生を強力にサポートしてくれる「レジリエンス」という言葉。一般的には回復力や復元力などを指しますが、困難や逆境にぶ...
自分の思ったことをなかなか言えない内向的な性格。内気な性格の方の中には、自分の意見をまっすぐに言える人のことをうらやましく思ったことがある方も少なくないで...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...