「パンを焼くこと」がルワンダの女性を変えていく

東アフリカのルワンダには、ある目的を持ってベーカリーで働く女性がいます。お金を稼ぐため、手に職をつけるため、もちろんそれもあるでしょう。でも、目指すところはもっと壮大。なんと、女性に対する偏見を変えるというものなんです。

始めたきっかけは
女性の”変わりたい”という想い

291b3246f79f19b72c506e45cd12d15506bfc186

価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダにはいまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満足に受けることができず、経済的に自立できないという問題も。

この状況を変えようしているのが「The Women's Bakery」。パンを作ることを通して、教育面・経済面の支援をしています

5c4c123ec54f0c5b2b653afdede4e4526035fa60

2012年、創設者のアメリカ人Markey CulverさんとJulie Greeneさんは、Peace Corpsというボランティアに参加していた時に、ルワンダのBushogaでパンを焼いたそう。地元の女性たちはそれを見て、「私たちにも教えてくれる?」と聞きました。

これがきっかけとなり、Merkeyさんはレシピを伝えることに。そして、彼女たちは料理を始め、次第に作ったものを売りたいとも考えるようになったのです。

150時間以上のトレーニングを提供

851a3740565b429b8f8322209c60c07abaec6955

Merkeyさんは、ベーカリーを作ることで、ビジネスに関する知識や栄養バランスの良い食事を作る方法を教えようと考えました。

働き始めるにあたり、現地の女性たちは(ときには男性も)150時間以上のトレーニングを受けたそう。教育を満足に受けることのできなかった女性のことを考え、内容は衛生管理やマネジメント、ビジネスマナーなど多岐に渡ったといいます。

2015年にスタートさせたこのプログラムの受講者は、すでに75人以上。その中の1人であるHadidja Esperanceさんは、こう語ります。

家事をしながら陶器を作り、売っていた頃の生活は毎日がサバイバル。パンを焼くことがビジネスになるとは思っていませんでした。今ではお金を稼ぎながらも、子どもに栄養バランスの良い食事を食べさせてあげることができる。そして、パンを買った人も健康になれる

誰にも頼ることなく
自立できるように支援

487d0b51200e314f926e48fa0cc85c6274b15267

すでに、「The Women's Bakery」による教育を受けた女性たちが、隣国のタンザニアを含めていくつかの店舗をオープンさせています。もちろん、ときにはアドバイスを求めることもありますが、自分たちの手でしっかりと経営することを大切にしているのだとか。

ルワンダのKigaliという場所にあるベーカリーは、現在知名度を上げ、始めた当初に比べ2倍の売り上げを達成。オープンしてから6ヵ月後に、黒字でビジネスができるようになった店舗も。

この団体の取り組みを考えると、本当の意図は「たとえ彼女たちの何人かがベーカリーを去ったとしても、1人で自立していけるような知識を伝えるということ」なのかもしれません。

Licensed material used with permission by The Women’s Bakery
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...