その皮肉っぽさがクセになる。ブラックな漫画作品にニヤリ。

一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。

一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出しているのは、イラストレーターのVincent Kunert。昔から人を笑わせるのが大好きだったという彼が描き出したシニカルな世界を覗いてみよう。

#1

688705265487ca427bd60700314af2c9b4821a26

太陽:なんで、最近、そんなにハッピーなんだい?

地球:やあ、太陽。最近、アースデイってのができてね。1年に1度、開催なのだけど僕にちなんで名づけられたんだ。君も僕がかなり重要だって分かってくれると思うよ。

太陽:そうかい。ところで、地球よ。今日は、何曜日だっけ?

地球:えっ、君は、たまにこんがらがるね!今日は、サンデ…あっ

#2

Ebb076ba4b98a4233be672a9102888f53662d11a

息子:お父さん、壁ってどこから作られるの?

父:せがれよ、それはだな。2人の人間がお互いに憎み合った時にだな…

#3

Bc51a3e5445020be052b4c73e3479a5e8ca31fd7

男:はーい、太陽!姿が見られて嬉しいよ。僕の休暇がはじまったばかりなんだよ!

太陽:なんて偶然!僕も休暇なんだよ!

#4

3e0a6eaaab14844d66b583fbbe8ca8da0a1094ed

家主:大変だ!トイレットペーパーがなくなったぞ!

キッチンペーパー:…

#5

6a91487ed7204926d50cbb1aedf01a7ac146a936

歯:新しい恋人を見つけたの。もう、さよならね。

歯ブラシ:何で?どうして?僕にないものが彼にはあるっていうのかい?

電動歯ブラシ:ブルルルルル!

#6

3f64ec67c8aa0242775186d7253f4f6fdb0704b4

男の心の声:ここは、ホントに暑いな。今から窓を開けるけど、たくさんの虫が中に入ってこないことを願うよ。

#7

393d0a80473df44aa68b65b3919cee60dad36f17

ターンテーブル:ねえ、いいかな。カユいとこに手が届かなくて。ありがとう。ああ。ちょっと待って、そこらへん。もう少し後ろだよ。そう、ちょうどそこ。

オーイェー。ここがスポットなんだよね。

#8

C83d75b2ba31b0406a5c62ee8af3380bc0cf84a6

男:コレ、今はやりたくないなぁ。でも、締め切りは二日後か。

脳:今日は、何か楽しいことをやろう。そうすれば、明日は、随分と楽にできるはずさ。

男:君もそう思う?

脳:もちろんさ!…ふふふ

#9

9ba0812f4cabae11deea632327e8afe57ffd1de5

販売員:もし、このクルマをお買い上げになるのが、まだ決まらないようでしたら、私からサンプルを提供しますよ。

客:サンプル?

#10

Fb5aa80b175bf503a8a6b5c3abe698d8e95c66b0

コーヒー:僕を飲めば、君たちはもっと生産的になれるよ!

一歩間違えれば、一瞬で君たちの仕事をぶち壊すこともできるけど。

ちなみにVincent の新作や別作品は、彼自身のFacebookInstagramでチェックすることもできる。もっと、もっと、ディープなブラックジョークを味わい人は、是非どーぞ。

Licensed material used with permission by Vincent Kunert, (PATREON), (Instagram)
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
2015年8月30日、イラストレーターの「シバタヒカリ(@sunny_615)」さんがツイートしたのは、8月28日に作者の身に起きた実際の出来事をマンガ化...
これは「Expanded Consciousness」に掲載された、ジョークや著名人の発言などを抜粋したもの。一瞬考えさせられますが、ウィットに富んでいて...
女性ブロガーのSusannah B. Lewisは、生まれた日からひねりのある性格だったと豪語します。ドライなユーモアで、面白半分に爆弾発言をポロッと投げ...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
昨今、ブラック企業やブラックバイトの実態が暴かれ、社会問題にまで発展しています。失業状態にならなければいい。とはいえ、労働環境によっては、働くどころか「隷...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
ロンドン在住のMaxwell Tilseさん(23歳・男性)は、いま旅の真っ最中。各地で作品を売りながら、ヨーロッパをまわっています。描かれた風景は、どれ...
サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていったそう。それぞれの化...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...