生死の分かれ目は、ビヨンセ?それともレディー・ガガ?

ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。

年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、その曲たちは、なんと心肺蘇生のBGMとしてつかわれているのだそう。ではまず、リストインした曲をいくつか聴いてみてください。

ご存知、レディー・ガガのデビュー曲「Just Dance」。初登場時はすぐに人々に知れ渡らなかったものの、全米のダンス・クラブでかかったことから、瞬く間にヒットチャートを上昇。楽曲だけじゃなく、エピソードもエネルギッシュです。

Dancing Queen」は、言わずと知れたアバのヒット・ナンバー。これを聴いて、身体が動かない人っていないんじゃないでしょうか?まさに、身もココロも“踊る”一曲です。

CMや数々の映画のサウンドトラックに使用され、カバーしたアーティストも多いビヨンセの「Crazy in Love」。日本では女性お笑い芸人のネタのBGMにもなっていますね。

 さて、これらの曲が心肺蘇生に大きく貢献する共通点とは何でしょう…?

救命措置にも“リズム”が重要!

その共通点とは、曲のビート数。人間の心臓が一般的に1分間で約60〜100回の鼓動を打つと言われる中、心肺蘇生における胸部圧迫の推奨速度は100回。そのbpm(Beats Per Minute)に当てはまる曲がプレイリストに選ばれていて、リズムに乗りながら救命活動をするというわけです。

40曲もあるのですから、せっかくなのでお気に入りのトラックをチョイスしましょう。「マーヴィン・ゲイやクイーンが流れる救命活動現場って…?」とすこし心配になってしまいますが、ご安心あれ。何しろこの蘇生法、が患者の生存率向上に寄与していることがちゃんと医学的に証明されているのですから。

安心できるリズムを求めて

A26f1ddad80b3899ac0467066676aa62618b3b68

人にはそれぞれ“ノリやすい”リズムがあるといいますが、平常時の心臓の鼓動速度に近いbpmの音楽、これがやはり一番落ち着くのだそう。お母さんのお腹の中にいた時から、わたしたちの近くにはリズム(鼓動)が存在していて、ある程度のリズムの中に身を置くことで人間は無意識に安心するのだとか。

音楽が人の命まで救うとなると、身体とリズムが本当に密接に関係していることがわかりますよね。音楽を好きでいることに論理的な根拠は必要ないものだとも思いますが、自分が一番落ち着けるビートを見つければ、お気に入りの曲をさがしやすくなるのではないでしょうか? 

命を救う、40曲のプレイリスト

Top Photo by Jason LaVeris/FilmMagic/Getty images
Reference:LadyGagaVEVO
Reference:AbbaVEVO
Reference:beyonceVEVO
昨年10月に3年ぶりとなる待望のアルバム『ジョアン』を発表、目下ワールド・ツアー真っ最中のレディー・ガガが、このツアーが終わる12月以降、無期限の活動休止...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
2015年10月24日にライブ配信されたイエール大学主催のトークセッションにレディー・ガガが出演しました。その様子はYouTubeで閲覧できますが、そこで...
2013年の1月21日、アメリカでは大統領就任式が盛大に開かれていた。そこで出演した一人が米国屈指の歌姫、ビヨンセだ。実はビヨンセ、この就任式の後にちょっ...
ビヨンセが双子を出産して、初めてインスタグラムでお披露目したのがこの投稿がアップされると、世界各国の双子を出産したママたちがコピーして楽しみ始めたけれどそ...
シンガー、女優、最近ではアスレジャーウエアブランド「アイビーパーク」オーナーなど、マルチな才能を発揮するビヨンセ。そこに投資家としての肩書きが、新たに加わ...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
愛する彼とのセックスはいつだって幸せなもの。でも、そこに音楽を加えるだけで、二人の満足度はより高まるようです。「Elite Daily」のこの記事は、女性...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、バックストリート・ボーイズ、ボン・ジョヴィ…。誰もが一度はその楽曲を聞いたことのある有名ア...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
人前で踊ることにはちょっと抵抗がある…なんて人に、是非とも知ってもらいたい情報が。恥ずかしさや臆病心にどこかに踏ん切りをつけることができれば、ダンスはただ...
1日中パソコンを使ってカラダがバキバキ。マッサージにいきたいけど時間もない…。そんな人にとっておきのアイテムをご紹介。マッサージ機能付きのパーカー「Ari...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...