むしろ恋人をつくるよりも、いま自分に課すべきハードワークはこれ

独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出そう」こう説くのは、。時には映画『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイばりにハードワークをこなしたという彼女。シングルで時間があるうちにがんばればがんばるほど、将来の幸せにつながる、と。

でも、そのひとつが「遅くまで残業する」は、あまりにも時代と逆行してないか……。「Elite Daily」でも賛否両論の記事を紹介します。

01.
(たまには)
割り切って遅くまで残業

2b705e326da087638de58c274e8e56b79ed5f4f0

友だちとの楽しい約束をキャンセルして、たまには思いきって残業してみましょう。これは、あなたに子どもがいない今だからこそできること。

残業時間のオフィスは意外と静かで、同僚に気を散らされることもありません。余力さえあれば、通常の就業時間よりもはるかに生産性が上がります。いつも帰りが遅いのは考えものだけれど、時には仕事に徹するのもいいのでは。

02.
(人脈形成のため)
セミナーや交流会は
積極的に顔を出す

職場のイベントや異業種交流会に参加して、業種問わずいろんな人と交流しましょう。彼氏や旦那さんがいる時に、このような出会いの場に参加するのがどれほど難しいか…は言うまでもありませんよね。

もちろん、パートナーと過ごす時間も大切でかけがえのないもの。けれど独身のうちに人脈を広げておけば、自信も強固なものになり、名実ともに自立できるでしょう。

03.
(今のうちに)
未開拓の知識を
イチから勉強

0a9d80005499c516748a067a31dea460ebf83489

まずは上司に、専門知識を身につけれられる良いコースがないか、聞いてみてください。そうしたら、オンラインスクールや勉強会の情報を教えてくれるでしょう。実践的なスキルを身につけたい場合も、上司に聞いてみること。何かチャンスを与えてくれるかもしれません。

まだ家族のことを気にする必要がなくて、自由な時間が十分あるうちに、新しいことをたくさん学ぶべきです。そうしたところから将来のキャリアは開け、過去にがんばった自分に感謝できるようになるでしょう。

04.
(インプットを増やすための)
副業をしてみる

もしかしたら今あなたは、自分がやりたい仕事につけていないかもしれません。でも、シングルならばデートやプレゼントに多額の時間もお金も費やす必要もないはずです。つまり、「自分の好きなこと」に熱中できるとき。

会社の制度が許せば、フリーランスやアルバイトとして副業し「本当に熱中できる仕事」を見つけるのもいいかもしれません。仕事を第一に考えることは、長期的にみてもあなたのためになるのですから。

05.
ON/OFFのメリハリは徹底的に

516417f3d816067225c19ed73e0e734aa6b4f370

以前の私にとって、これは本当に難しいことでした。でも彼との破局のあと、仕事に打ち込んで、自分ひとりの時間が充実している時ほど仕事の効率も良いことに気付いてからは、変わりました。

とにかく一生懸命働いてください。でも、オフィスで長い一日を過ごした後は、ちゃんと自分のことを労ってくださいね。仕事終わりの一杯でも、スポーツジムでの運動でも、何でも良いので。

いずれにせよ、今のうちにがんばるほど「あの時がんばってよかった」と、数年後に感じるもの。自分ひとりの時間を作りましょう。そして、仕事を楽しみましょう。

チャンスはいつでもあるわけではありません。だからこそ今は、恋愛よりもあなたの将来を優先すべきと言っているのです。

恋人を探すのもいいですが、より優秀なキャリアウーマンになれるよう、時間を有効に使ってみてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Elite Daily
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
「スタイル」と聞いて、何を思い浮かべますか?体のスタイル?ファッションやヘアスタイル?ここで言うスタイルは、単なる見た目のことではありません。あなたの話し...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...