観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

宿泊施設でも観光施設でも、そういったものはたいていの場合、町の「外」に向けて作られる。だけど、今年の冬に函館にオープンする予定の「SMALL TOWN HOSTEL」は、ここを訪れる観光客のためだけではなく、この場所で暮らす人のための宿でもある。その真意とは一体?

地元の町が寂れるって、
寂しいよね

104abe32fb6964e2231b21d8be662760b385830c

「SMALL TOWN HOSTEL」のプロジェクトをリードしているのは、「箱バル不動産」の代表、蒲生寛之さんだ。

蒲生さんは4年前、故郷・函館にUターンした。蒲生さんの地元である西部地区は、市内でも特に過疎が進んでいる地区。寂れていく町並みを眺めながら「これではいけない」と危機感を覚えた。そして、仲間と「箱バル不動産」を結成。イベントやプロジェクトを通して函館の暮らしを見つめ、住民同士のつながりを作り、函館ならではの風土を育もうと活動をしてきた。

そんなある日。函館に関する、ある調査結果を目にする。それは…。

魅力的な都市ナンバーワン
住民の幸福度ワーストワン

ブランド総合研究所が行なった地域に関するアンケート調査で、函館は見事、魅力度ナンバーワンの都市に輝いた。函館山からの夜景に、おいしい海鮮。魅力度が高いのも納得だ。しかしその一方で、日本総合研究所が発表した「幸福度」に関する調査(人口20万人以上の中核市のうち一部を除く42市が対象)では、最下位をマークしたのだ。

蒲生さんは違和感を覚えた。外からの視点と中の視点、そこに大きなズレがあることに。同時に、「外から来た旅人と、そこに暮らす地域住民が交わることで、街の魅力を再発見できないか」と考えるようになった。そして…。

「そうだ、宿を作ろう」

観光客と住民がつながる場所。そして、それぞれが函館の暮らしを見つけることができる場所。その形を模索していた蒲生さんは、ゲストハウスを作ることを決意した。

舞台となるのは、築約100年の歴史がある「旧仁寿生命ビル」とその周辺。

C341c2bf583360fd8c76ced4d925f256186ec389

この建物は、2015年秋、箱バル不動産のメンバーが中心となり保存に向けて動いていた建物だ。その努力が実り、2016年夏には函館市で63軒めの伝統的建造物の指定を受けた。そして、この建物をどう利活用していくべきかを考えながら、「旧仁寿生命ビル再生プロジェクト」を進めてきた。

まず、「旧仁寿生命ビル」は、日本の道100選にも選ばれた地元の坂「大三坂」から、「大三坂ビルヂング」に改名された。そして、2017年12月にはここで複合商業施設を、そしてその後方にある古民家では、函館の暮らしを見つける宿「SMALL TOWN HOSTEL」をオープンする予定だ。

639b2811775f03d1d4cfacd1dc9ce129c06cda84

「SMALL TOWN HOSTEL」では、函館が日本のストーブ発祥の地ということもあり、蓄熱式薪ストーブを取り付けるとのこと。他にも、地域の学生が北海道産ホタテ貝入りの漆喰塗りを手伝ったり、地域住民が一緒になって西部地区のマップを作ったりしながら、着々と準備が進められている。

96f342546ace2bc042410e172c93c37bcdf05262

結局、一番大切なことって?

私も地方出身なので、町おこしの問題は人ごとではない。町が寂れ始めた時私たちは何をすべきなのか、何度も考えたことがある。

外に向かって情報を発信するのはもちろん大事だ。けれど本当に重要なことは、そこに住む人たちの町への愛着だと思う。自分たちが町を大切に思えること、そして愛していけること。

だから、「SMALL TOWN HOSTEL」の内側から溢れ出るポジティブなエネルギーは、同じような問題を抱える町にとって、ひとつの希望になるんじゃないか、と感じている。

現在、クラウドファンディングサイト「Readyfor」にてこのプロジェクトのサポーターを募集している。締切は8月31日(木)23:00。

Licensed material used with permission by Readyfor
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。工房は50年前...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
「Uターン就職」。実家を飛び出し、首都圏の大学に進学。その後また故郷に戻って職を得る。そういう選択肢も増えています。でも故郷に帰るなら、いっそもう一度実家...
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
ブラジル・サンパウロには70以上のホステルがあり、毎日世界中から何百人もの若い旅人たちがやって来ます。たいてい1人身で、予算は少なめ。そんな彼らにゆったり...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本...
あるひとりの「タクシードライバー」が来たおかげで、この町の住人の生活は大きく変わりました。一体どんなことが起きたのか。そして、彼が休まずに働き続ける意外な...
時折、卓越した動物たちのパフォーマンスに一喜一憂することがある。しかし、ここで紹介する動画を見ると、それが厳しいトレーニングによってもたらされた結果だとい...