チームラボが「かみさまがすまう森」を華やかに彩る

観光名所ひしめく九州において、近年徐々にその存在感を強めている街。それが、佐賀県武雄市だ。辰野金吾設計の「武雄温泉楼門」やカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営に関わる「武雄市図書館」の名は、ここのところ雑誌でもよく目にするようになった。

いくつかある著名な観光スポットの中でも「御船山楽園」は代表格。50万平米の広大な敷地に、四季の花々が咲き誇るこの公園では、春は桜の、秋は紅葉のライトアップが実施され、多くの人を楽しませている。

ただし今年はちょっと特殊。今日から「夏のライトアップ」が始まるのだという。

5bcb67d4a702d47f80ff757970215e1e9c6019e4

ライトアップはライトアップでも、このイベント「かみさまがすまう森のアート展」は、プロジェクションマッピングがメイン。チームラボと資生堂がコラボしており、歴史ある庭園で、生命の連続を表現しているそう。

17fcfa373021388d7559321fb9a6fc842ac9da9a

「生命の連続」については、チームラボの言葉をそのまま借りたい。ひいてはそれが、「なぜこの場所なのか?」という説明にもつながっていく──。

「自分という存在は、何十億年という圧倒的な時間の長さの、永遠に繰り返されてきた生命の生と死の連続性の上にある。しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。

森を探索していた時、圧倒的長い年月をかけて形作られた巨石や洞窟、そして森そのものの造形こそが、長い時間の生命の連続性を表す形そのものであると気が付きました。今回は、それらを生かし、デジタルアートによって、連続する生命の塊を創ったのです」

ちなみに園内には、樹齢300年の神木や約1,300年前に彫られた仏像、けもの道などがいまだに存在している。だからこその「かみさまがすまう森」ということか。

新作を含む全14作品を展示

3bb759f867eedfdd247aa3a39d940e372845f887B6920018811ab49756e634530107af1c76dc9d23Da89d6846ebcb1301db934f05543cfe20742d475A2b97cdc7ed9485585f1b48f405bab62b51b64cd487c985aee0872ee86292823125cb9821af8d0e7B01c33f85797886cbc2fd45534f4d07c6b0d87bf18860f41c93184335eef6298efc286ce29560a86Ca5b5f9616e40ce8775fb3c4084d2a435dd2f213

もちろん、それぞれの作品にはコンセプトがあるのだが、ここでは割愛。ただし、それらを理解しておくことで、より一層楽しめるのは間違いないだろう。少しでも興味を惹かれた人は、ぜひ以下の動画やオフィシャルサイトをのぞいてみてほしい。

開催期間は本日7月14日(金)から10月9日(月)。まだ夏休みの予定が決まっていない人は、選択肢のひとつに。

【概要】
資生堂 presents チームラボ かみさまがすまう森のアート展
・会期:2017年7月14日(金)~10月9日(月)
・時間:7月14日~8月14日は20:00~22:30 8月15日~10月9日は19:30~22:30 ※第一入門口 19:00~23:00 第二入門口 19:30~23:00
・会場:御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
・料金:大人1,600円、中高生1,200円、小学生800円、未就学児無料

※会期が10月29日(日)まで延長となりました。
時間:9/10-9/30(第一入門口 19:00-22:30)(第二入門口 18:30-22:30)
10/1-10/29(第一入門口 18:30-22:30)(第二入門口 18:00-22:30)
第二入門口は30分早く開門します。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/07/19 11:00)

いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
今夏、京都・下鴨神社に展示され大きな反響を呼んだチームラボの作品が、このたび東京に上陸。「見たかったけれど行けなかった」という関東在住の人には朗報と言えそ...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
プロジェクションマッピングといえば、「建築物」に映像を投影するのが一般的。たとえば、東京駅の事例「TOKYO STATION VISION」がわかりやすい...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
仕事は、ひとりではできません。大きなプロジェクトになればなるほど、たくさんの人が関わるようになっていきます。規模の大小はあれど、人をまとめる立場になる機会...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
会社や学校・あるいはスポーツのチーム、十分なコミュニケーションは取れているでしょうか?実はチームワークの生産性を上げるために最も大きな影響を与えるのは、「...