歩けば歩くほど、自然に恩返しができるトレッキングポール

人間の進化と社会の発展に反比例するように、僕たちはこの星の環境を自らの手で大きく変えてしまいました。森林破壊などによる自然の浪費は、やがて地球温暖化をうみ、気候は激変、砂漠化に拍車をかけています。

個人レベルでできることと言えば、資源の無駄づかいをしないこと。間接的な方法のため効果が分かりにくい。ならば、こんな方法で“自然への恩返し”という選択肢はどうでしょう。

歩くだけで
そこには“花道”ができる

75abdb036d9096d21f6315c58ba72645676a9283635e79f8d0b951b5d7387f9488ee2a311d38cc9c

見た目は、トレッキングに使用するポール。というかただの竹の棒。ところが、先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。

そうです、地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛けです。イメージしてみてください。自分が歩いてきた道に、1ヶ月後もすれば若葉が育ち、花が開き、実をつける……。木の種を植えることも可能だそうです。

810203ed395f799b34549b0f25cd9c23335b0351

だけど、勝手気ままの闇雲に植物を植えればいいという訳ではありません。訪れた山林に生息する植物の生態系もありますから。じゃあ、自分のポールに入った種が適しているかどうかを、いかにして判断すればいい?

そんなときは専用アプリで生息地をチェック。さらにミスが起こらないように、外来植物の種が入っている場合は、自動でロックできる機能もあるそうです。それでも、もれを防ぐことはできないと、開発者のJake Queenさんは認めながらも、自然を愛する人たちに向けて、こうメッセージを送ります。

「自然を愛する気持ちがある人は、みんな心の優しい人たちです。植えてはいけないものは、植えないと信じています」

自然を思い出すように
花や木を届ける

C0df28737d2b4211b64065d8ae436c8603a235e3A4ac1c2fe146f86785668b6661f7eb138c2aa41c

歩きながら種を植えるというアイデアは、1700年代後半のアメリカの開拓者ジョニー・アップルシードが起源。彼はリンゴが無い地域に種をまき、果樹園を作ることで、その土地で暮らす多くの人々に新しい食料を届け、生活をより良くした人物です。

未来を生きる人々に1本でも多くの木を残しておく。それは、自分たちの暮らしを豊かにするうえで野山から手に入れた多くの資源への恩返し。そこに「FytoStick」の理念が込められているのです。

Licensed material used with permission by FytoStick, (Instagram), (Facebook)
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
フクロウだって鳥の仲間。当然ながら地面に降りれば、チョンチョン跳ねるように可愛らしく歩く…なんて思っていたら大間違い。現実の姿は驚くほど凛々しかった!ドヤ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...