「当たり前だ」とバカにしてはいけない、ネガティブゾーンの脱出法

何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考にとらわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂鬱な気分が抜けなかったり。

I Heart Intelligence」のライターDondi Leighさんは、ネガティブな思考に陥らないための5つの方法を紹介しています。言われてみれば当たり前かもしれないけれど、いざというときに意外とできていないことなのかもしれません。

01.
とりあえず
頭を空っぽにする

60fc135d3656a62cabf3e57ab2a32cc1bfa9961c

ネガティブなことは、一度考え始めてしまうといつまでも頭に残り、時に深刻に捉えすぎてしまうもの。なので「ちょっと悪い方に考え始めているな」と気付いたら、一旦考えるのをやめてみましょう。

思考は一時的なものなので、無視し続けていると自然と頭から消えていきます。冷静に、フラットな視点で向き合えるようになるまで待ちましょう。

02.
「今やっていること」に
全力で意識を向ける

今の自分自身の状況や感情に心を集中させ、あるがままの現実を受け入れるこの方法。「マインドフルネス」と言われた方がピンとくる人も多いのでは。これはネガティブな思考を根絶やしにするだけでなく、日々をより幸福に、平穏に過ごすために役立ちます。

マインドフルネスの実践はいつでもできます。たとえば私だったら、今キーボードを叩いているこの指の感覚や、タイピングする音に集中する、といったように。

コーヒーを一杯淹れるにしても、マインドフルネスを実践すればその深い香りと味わいをいつもより楽しむことができます。「今ここで起きていること」だけに意識が向くので、ネガティブな思考は自然と消えていきます。

あなたが今していることに、全身全霊を向けてみてください。

03.
仮説を立てない

仮説を立てるのは簡単です。そしてそれは、恐ろしいひとつの可能性として私たちの頭を支配してしまうことでしょう。けれど、忘れないでください。それはまだ起きていないことなのです。

仮説を立てて、それを丁寧に覆すことで安心感が得られるかもしれませんが、まだ起きていない仮説は捨てて別のことに集中した方が、平穏な時間を過ごすことができるでしょう。

04.
くどいようだけど…
考えすぎない

3966b3bbe5d3765c1d64bc0062c06eb412950610

気がかりなことを心に留めておくのは大事なことかもしれません。しかし、そればかりに心をとらわれて過剰に考えるのはやめましょう。繰り返しになりますが、ネガティブな思考は時に人をパニックに陥らせてしまうほどのパワーを持っています。

自分が考えすぎているなと気付いたら、一度そのことを頭から振り払いましょう。

05.
一歩引いて
客観的に考える

ネガティブな思考にとらわれてしまう自分を、客観的に見てみましょう。冷静な目を持つ「もうひとりのあなた」が、落ち込んでいる自分をコントロールせねばなりません。

一歩引いて、自分がネガティブ思考に陥っていないかチェックしてみましょう。この方法と先ほどのマインドフルネスを一緒に活用すれば、ネガティブな思考は消えていきます。 

今の自分ではどうしようもないことを気に病んでしまうのが人間というものですが、それは心の健康によくありません。起こるかどうか分からない「将来の不安」にとらわれず、今の自分に集中することが、心を安らかに保つ一番の方法かもしれません。

Licensed material used with permission by I heart intelligence
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...
あの人はお世辞ばっかり。とか、思ってもないお世辞を、とか、なにかとネガティブなイメージで使われることが多い、このコトバ。でも実際は、使い方次第だと思うんで...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...