「誇り高き民族」が、84ヶ国を歩いた写真家を虜にした。

世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、多くの感動と出会ってきました。

その中でも、彼を特に魅入らせるのは、世界中に散らばっている少数民族との出会い。人生に大きな影響を与えるほどの衝撃だったんです。

カラフルな文化と個性

276a4837c110de0cf2edc329afb546db252d7c60

Alexanderが3年前から始めたのは、人々の顔を撮影する『The World In Faces』というプロジェクト。今回は、ロシアにいくつか存在する民族の写真を紹介します。

シベリアの遠隔地には約40の異なる先住民がいるのですが、どの村も50,000人に満たない人口。しかも、その多くは数十人しか残っていないという。何百年と生き続いてきた誇り高き文化だけど、戦争や財政難などの理由で消失の危機を迎えています。もしかしたら、10年後に滅びてしまうかもしれないし、早ければ2年後かもしれません。

すでに失くなってしまった民族もいます。完全に消えてしまう前に、色とりどりの個性をもつ、伝統や魂を人々に伝えたいという気持ちから“世界中に隠れた顔”を撮り続けるのです。

Afcb82a582793ee87bee2f3194932672a831af62Bb590f3800be9024fff414b053137a35a060460007d149af0486608d826b23f5d4aa19611a0796a9D1a17ff61a839654d28fa9d1bb4ffa20f06b0b91B8e82278b51955a29e0671a55e4f69548092f94391ecc5ff7394b07e24f7a0a9ab0467f1da099167Dc4303ce3d8a995747ae431f98ab11bfb19352bd5e04aaa6f64798af18b183c0ea26538bb4136f24Ea3607798983091b1879a748a4698ff4c4162fdbFbfc7f874aed11b3e80a7c707fcda403610e341e6fb619dd4fd99360ea2b92f8b960bd19b7ab74429f530d1b4520d720f5c05b6093edc87b305bca22

誰ひとりとして、
同じ人間はいなかった。

6ae93c298916ea7f28b8f3221e3f40bc7efec73c

プロジェクトを進めるうちに、世の中に同じ人間がいないことを改めて確信。当たり前のように思える言葉だけど、実際に多くの人々と出会って話したAlexanderが言うと重みが違います。

「一人ひとりと交流を深めて、お互いを理解してから撮影する」。プロセスを重視したカメラマンの彼だからこそ、自分のフレームに収まった人々の個性が心にも焼き付いているのです。

Licensed material used with permission by Alexander Khimushin, (Instagram), (Facebook)
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...