自分の情けない欠点が、「ちょっと愛おしくなる」アドバイス

直したいとは思うものの、不器用な自分を上手にコントロールできずに、同じような過ちをしてしまう毎日。一つひとつは小さなミスかもしれないけど、繰り返しているようなダメさに嫌気がさしてしまうことも。

そんな悩みを抱える人にオススメしたいのが、「The School of Life」のこの動画。最後まで見ると、今まで嫌っていたおっちょこちょいな部分が、少しだけ愛おしく思えてくるんです。

悩みが尽きない
おっちょこちょいな人生

1bf276d06657e900cdca62d4785016abd04aff0a19b62e6a84451d865b2ac979d4da2e6f62deb7eb53a4b8beaea8ce7fd13b09fed483514bf656a7a0

ドジを踏むたびに、恥ずかしくなったり、情けない気持ちになったりする人は多いと思います。たとえば、オレンジジュースを冷蔵庫に戻そうとしたら、つまずいて自分にかけてしまい、服がビチョビチョに。しかも、靴の中敷にまで染み込んでいる。何枚も何枚もタオルを使って拭いて、着替えているうちに結構な時間がかかっていた…。

もう、いい大人なのに、まるで小さな子どものよう。こんな自分が、とにかく情けないと落ち込んでしまう人も多いと思います。

6e90b27326de617e381cb7ec7ac343574fdfe0fa56af0e94166e9dd7c721aa4d14d2fb6e42a3ae26

その他にも、うっかりドアに膝をぶつけてしまい、ぶつけた拍子に台所中に散乱させたブルーベリー。歯に付いているレタスに気づかないまま1日を過ごしてしまったなど。

これが、たまに起こることならいいのですが、おっちょこちょいな人は何度だって繰り返します。

不器用な自分への怒りと恥ずかしさと、一人前の大人としてもどうなんだろうと、とにかく悩みは尽きません。

一体どうしたら良いのでしょうか?

「クラッツ」な自分と向き合う

F042cf4f773cccd304d744b9634a10a0a94e1bd46b846f7dba732ee6cc713ded03d3d035faff9723F2b2490edea685e5e6abc7f8c712539a5f6752c4

おっちょこちょいの事を、イディッシュ語で「クラッツ (Klutz)」と呼びます。この言葉は、“マヌケさ”をうまいこと表現していて、他にも「のろま、アホ、バカ」という意味を含んでいます。

食器を割ったり、ドアに頭をぶつけたり、社会の窓が全開のまま外に出たり…すべての犯人は自分自身。だからこそ、クラッツな自分に嫌気がさすのは当たり前。

でも、攻略法を知れば、今までのイライラはなくなるはずです。

弱点を
親友として迎え入れる

4f5a230029c286816968c7dbdbd30b2d25af536a

否定し続けるのではなく、自分の一部として受け入れることが何よりも大事。常に悩んできたことだから、難しいかもしれません。でも、友達のように迎え入れることができれば、ずっとラクな気持ちになるはずです。

それに、気持ちがラクになる方法はまだあります。他人と比べて、自分が飛び抜けてマヌケな存在だと思わないこと。

B12ae59caa10a0d433f63656103c92f32f45181a4e4961390b45bb30f109207125e57ff59c67c6ae12e2fd6e99e6d60b7468625052fe8105d6d7472e

おっちょこちょいを恥ずかしいと思う原因とは、自分だけが不器用であると感じてしまうから。これが、周りも同じと思えるようになれば、悩むことはないと思います。

コメディ番組では、自転車で転んだり、街灯にぶつかったり、人々の「おバカ」な部分を見せるシーンが人気。視聴者は、冷やかしのように笑っているようでも、心のどこかでは、同じような人がいることに安心しているものです。

心が穏やかになる

5e54ad8779b199278236e8928e40292e66946ce08e8758c1f4a79168ccdb489f55d77b610b55ba7b

「おっちょこちょいは、みんな同じ」と、思えるようになれば、他の人のミスを優しく受け入れることができるようになります。

今度なにかをこぼしてしまった時は、イラッとせずに、そんな自分を友達のように受け入れてみましょう。

Licensed material used with permission by The School of Life
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
この世界を生きていくには、他人と付き合っていく道は避けて通れません。でも、人付き合いを難儀に感じている人は、少なくないはず。だって、他人の言動にイライラし...
どんな優れた偉人や天才、事業の成功者であっても挫折や失敗を経験しなかった人はいません。むしろ、挫折や失敗をしたからこそ偉人や天才、成功者になり得たといえる...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
このアニメの主人公は「死神」でした。その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。一頭のシカでした。触ってしま...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
2014年、63歳という若さで人生の幕を閉じた「ロビン・ウイリアムズ」は、幅広い役を演じ、その高い演技力が評価されていた世界的に人気のあるハリウッド俳優。...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
キリスト教の「七つの大罪」をご存じでしょうか。傲慢、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰、貪欲。これら七つの欲望や感情を表していて、これを押さえ込むことができない...
米メディア「Greatist」でライターChalotte Andersen氏が心を奮い立たせる数々の言葉を紹介した記事が評判を呼んでいます。カウンセラー、...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
「あなたの夢は何ですか?」 ライターMark Manson氏によると、このありふれた質問には「ある重要な視点」が欠落しているのだそう。フォーカスすべきは、...
髪の毛がばっちり決まった日はハッピーだけど、寝癖が直らなかった日はなんだか憂うつ。私たちは毎日、ヘアスタイルのことを気にしながら生きています。どうしてこん...
些細なミスやトラブルに、「そんなのつきもの」と納得して前に進める人と、いつまでも引きずってしまうタイプの人がいます。両者の違いは、自分に納得できるかどうか...