ポートランドの意思を継ぐ、廃材レスキューという考え方(長野)

ノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが、世界に向けて「MOTTAINAI」を提唱してはや10年。「MOTTAINAI」のは、何も水や電気だけのことじゃない。私たちが住むこの家も…?

空き家をめぐる決まりごと

336737124d2c8680af664f797189dd65da0c23e3

2015年5月、日本で「空き家対策特別措置法」が施行された。誰も管理していない空き家は、指導・勧告・命令という段階を経て、市町村が「代執行」=強制的に取り壊せるようになったのだ。中には倒壊のおそれがある物件もあるので一概に否定はできない。だけど、2030年には空き家率が30%を超えるぞ、やれ壊せ! というのは、正直、違和感もある。

その翌年、2016年7月。アメリカ・ポートランドで、これとは真逆と言っていい条例が制定された。それは、築100年以上の建物は、手作業でしか解体できないというもの。重機NG。築100年というのは相当な年月だけど、この根っこには、

01. 古い家はなるべく活用する
02. 壊す場合は資材を再利用できるように工夫する

という精神があるんだろう。

ポートランド発の
「リビルディング・センター」

こんな条例をも作ってしまうポートランドは、世界的に有名な建築建材のリサイクルショップ「The ReBuilding Center」がある都市でもある。リビルディングセンターでは、廃材のリサイクルや販売はもちろん、地域のコミュニティ作りを目的に、工作クラスなども行われている。

そしてこのセンターの公式認定を受けたショップが、日本に1件だけある。その名も「ReBuilding Center JAPAN」。2016年9月、長野県諏訪市にオープンした。

見捨てられたものに
もう一度価値を

「ReBuilding Center JAPAN」を運営しているのは、かつて空間デザインユニット「medicala」として活躍していた東野唯史さん、華南子さん夫妻。

Bb394bf3926a2b2ef6edae61e6f270244fe6d173

日本各地を転々としながら空間デザインの仕事をしていた東野さん夫妻は、その間に古い建物の解体現場に何度も出会ったという。

そして、廃材をレスキューすることで、見捨てられたものに価値を見出し、もう一度世の中に送り出して、次の世代につなげていきたい、と思うようになったのだとか。

C6c67134c6eb51353fabc02771fc164fd95254d831f4cab0d1559fe9364f1802b80505e8b053c817

廃材のレスキューは
思い出のレスキューでもある

42a7968240756b7a684f424a15df76819fe07aef

身近なものは「もったいない」と思うけれど、古い家具、ましてや建物となればスケールも大きく、なかなか「もったいない」の意識にはつながりにくいのかもしれない。

けれど、廃材だって資源だ。

それに、水や電気とは違って、そこには思い出がつまっている。廃材をレスキューすることは、積み重ねられた年月に対しての敬意。消え去ってしまうかもしれない大切な思い出に、「もったいない」と手を差し伸べることなのかもしれない。

Licensed material used with permission by ReBuilding Center JAPAN
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...