不気味すぎる公園「Haw Par Villa」は、シンガポールの隠れた名所

世界30ヶ国以上を旅してきたけれど、こんなにも忘れられない公園には出会ったことがなかった。不気味だけど、どこかチャーミングで憎めない像の数々……。文化も歴史もごちゃ混ぜにされていて、それが独特な世界をつくっている。

シンガポールでは、マリーナベイサンズやマーライオンはもちろん、この超B級スポット「Haw Par Villa(ハウパーヴィラ)」にも足を運ぶべきだ。

始まりはタイガーバーム
大儲けした兄弟がつくってみた公園

タイガーバームを持っているこちらのふたり。主役とも言える立場なのに、綺麗な身なりとはとても言えない。ただし、この汚れ具合もご愛嬌。

軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園は、主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像と150以上のジオラマがあり、自由に撮影できるようになっている。

市内を通っている電車、MRTのハウパーヴィラ駅を降りて地上に出ると、すぐにこの入り口にたどり着く。無料で解放されているため、特にスタッフの姿もなく、ちらほらと物好きな観光客と出会うくらいだ。

タイガーバームの広告と共に中国文化の紹介も兼ねていたため、園内の像・ジオラマは、地獄・極楽の様子を表したものや、『西遊記』や『山海経』に登場する神仙・妖怪など、中国の歴史を紹介したものが多い。なぜか突然日本の力士や自由の女神像など、関係のない像も現れるのだけれど、共通していることは全てがシュールすぎるということに尽きる。

D575373d553857acabc1a74543e637743c811bff
Photo by Yuki Hoshi

おそらく、もっともよく写真を撮られているのはこの蟹男だろう。一体何を思って蟹の中に笑顔の男性を入れたのかはわからないけれど、彼に会って以来、シンガポールと聞くとこの顔が浮かんできてしまう……。

C1bdec4a4d3f416bc08971894e8d1cca01ebb9b8
Photo by Yuki Hoshi

その近くでは、貝女も笑顔でお出迎えしてくれる。

E375c7e8dcaafc3ab369c5e67a85b08ae7cc3451
Photo by Yuki Hoshi

人間に限りなく近い人魚(?)の姿も。

1613b512411f6f4d83457f474423853b11f2a060
Photo by YUki Hoshi
4e59c05992a452223d7994c41c91a7fd2704d96c
Photo by Yuki Hoshi

自由の女神とも対面できる。

@pilitsiinがシェアした投稿 -

唯一の室内施設
「地獄巡り」へようこそ

東側に進んで行くと、門番が立っている入り口が現れる。ここは「地獄」を表した場所で、入ると人間や動物の様子がガラッと変わる。ここではお見せ出来ないけれど、不気味さとグロテスクの最高潮がこの中に詰まっているので、気になる人は自分の目で。

ここに紹介したのは、1,000以上あるうちのほんの一部(そしてある程度綺麗なもの)。思った以上に広い敷地は、隅々まで全部巡りたいなら2時間くらいはかかるのではないだろうか。

【施設情報】
Hua Par Villa(ハウ パー ヴィラ)
・住所:262 Pasir Panjang Road, Singapore 118628 
・時間:9時〜午後7時(最終入場:午後6時)
・料金:無料

シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」。アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...