「Google予測変換」で履歴書を書いてみたら…もちろん意味不明に(笑)。

自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではないから、誰かにアドバイスを求めたくなってしまうことも。

だからといって、「Google先生」に頼るのはマズイですよね?

自己PR
「得意なものは何もない」

これはロンドン在住のAaron Gilliesさんの履歴書。彼は思い切って“Google予測”に書くべきことを任せたそうなんです。その結果がこちら。当たり前だけどもう意味不明(笑)。

「e-mail adressは、コンタクトを取った人にスパムを送ります」
「イングランドと結婚しています」
「性別はオオカミです」
「能力は子どもが未来の力になると信じること」
「自己PRは何も得意なものはない」

締めはこちら。

「どうか雇ってください。僕にはiPhoneにインストールするアプリを買うお金が必要なんです」

この履歴書は多くの人たちが目にしていますが、未だに彼の元に仕事のオファーはないそうです。

Licensed material used with permission by TechnicallyRon
選考から落ちないためにも、履歴書の第一印象を強くさせたいと思いますよね。そこで、海外の人気ビジネスサイトのInc.から、会社が履歴書で「会いたい」と思うよ...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
2015年11月3日、Official Gmail Blogで紹介されたメール管理アプリの新機能が話題に!なんと、Gmailが受信したメールの内容を理解し...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
起きて活動している時間のうち、じつに30%以上の時間を私たちは職場で過ごします。そんな風に人生の大半を捧げるのであれば、自分が納得した職場で働きたいもので...