髪をピンクに染めてもらった女の子。その動画に賛否両論。

お母さんのヘアカラーを間近で見ているせいか、自分も「ピンク色の髪に染めたい」と、前から言っていたおませな2歳のFelicityちゃん。念願叶って、お母さんが染めてくれることになりました。

その様子をYouTubeで公開。ところが、思わぬ反響が返ってきたそうです。

35c63a6590476d80859f6041bb7df5e46e18e82e2404c043891acd57bfba9ee9fa7ac7617f81960c4994e3b377c11d686e8777ebcdd2086d90c57403059b303b8b9f06832c557230e17c2aa3caa2c259

お母さんは肌への影響を考えて、「5種のハーブと酢酸と染料のみ、ノンシリコン・ノンアルカリの短期間で落ちる」というカラー剤を使用していました。

出来上がった姿を見て、Felicityちゃんはとっても満足そうですよね。

子どもの髪を、染めてはいけない?

B2f30d206d7a6762bb351293f127c80b43a45fd1

すべて大成功!に思える動画と写真。ところが、「Kawaii〜」「似合ってる」といった意見と同じだけ、「そのカラー剤がまったく無害なワケではない!」や「教育上良くない」、「それでも親なの?」などの辛辣なコメントも。

ヘアカラーに対して日本よりも寛容なイメージを抱いていましたが、どうやらそうでもないみたい。希望を叶えてあげたいという愛情と、批判的な意見……どちらが正しいとは言いがたいですよね。

Licensed material used with permission by charity.grace, (YouTube)
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
明日のため、寝る前にするヘアセットの下準備。三つ編みをして寝ると、朝にはパーマをかけたようなカールができている、いわゆる「貧乏パーマ」が有名ですが、これか...
その姿はまるで、ヌンチャクを自在に扱うジャッキー・チェン。はたまた、優雅な演技を魅せるバトントワリング選手―。Twitter投稿からわずか5日で10,00...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
いろいろな髪型を試せるのは、女の子の特権。「アレンジってむずかしいから」と避けている人、5歳のマグノリアちゃんが教えてくれますよ。動画ビュー数はなんと7万...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
10月9日から利用可能になっているFacebookの新機能がある。それは、友達と位置情報を交換できる「近くにいる友達」機能だ。スマホアプリ上で通知設定をオ...
大ヒットの可能性を秘めているヘアピンがあります。発売未定ですが、すでに日本のみならず海外からも問い合わせが殺到中。ただし、単なるファッションアイテムではあ...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
授業の終了を告げるチャイムがなり、子どもたちが嬉しそうにランチボックスを取り出します。だけど教室の真ん中に、ただひとり浮かない顔をしている男の子が。容器を...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...