65年間、ともに歩んだ「おしどり夫婦」のメモリアルフォト

結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん。ふたりは記念日に合わせてお祝いの写真を撮ることにしました。

半世紀以上をともに歩んできた、おしどり夫婦。写真を通して伝わってくる、幸せなふたりだけの時間。憧れちゃいますね。

78afd69e3974f6fbbc85e56e3e8ea9ee7c94bf2d211d2a7b1787a6130c6e8e5b4b47dff96449ad990f6865b27ff2c1c504b8b0be5a701aedcea6ac8057e308b76ef823c525e594ead98f41874eb01d4c4e47f5351ff21ee092566ae836f7f9efd0242858

ふたりが一番好きな趣味、読書の様子もパシャリ。

4086015732a7e7f33f899a2f4ce6e30ca6673b9c

撮影を担当したフォトグラファーのMegan Vaughanさんは、5年前のダイアモンド婚でも彼らを撮影した人物。変わらず元気な老夫婦との再会を楽しんだそうです。ただひとつ違ったのは、妻Rubyさんの認知症が進行した事実。

5年の月日は、残念ながら彼女の記憶の中からMeganさんの存在を完全に奪い去っていたようです。それでも、Rubyさんの温かいおもてなしは健在だったそうで、「彼らの家にうかがったら、まるで家族みたいにハグして出迎えてくれたんですよね」と。

カメラを構えキスのオーダーをすれば、「あら、まだ足りなかったかしら?」茶目っ気たっぷりに答えたそうですよ。

たとえ、思い出せないことが
増えたとしても…

E46415e049d677be21d0457578f62840c11417bb7b455223958a5e4510e29f827a4721626ef7b2c7

幸いにも、認知症はまだRubyさんの記憶から夫Haroldさんの存在を、完全には奪い去っていないよう。ここに並んだ数枚の写真がその証です。

232b46ace20ba2b30993d7555ee1418337700e0f

幾度となく重ねられ、ぬくもりを交わし合ってきたであろう夫婦の手には、年輪のように深く刻まれたシワ。65年という気の遠くなるような歳月の“深み”が、この1枚に凝縮されているように思えませんか。

Licensed material used with permission by Megan Vaughan, (Facebook), (Instagram)
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
あなたは運命を信じますか?この地球のどこかに、運命の相手がいると信じさせてくれるのは、9歳にして運命の相手を見つけてしまった究極のカップル、トーマスさんと...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
オーストラリア在住で、シドニーからマッカイに引越しをしたウィルソン夫妻。夫のケンは仕事を探しましたが、田舎町ということもありなかなかうまくいきませんでした...
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
大事な命を授かって間もなくして、離れ離れに暮らすことになった夫婦。アメリカから約7,000マイル(約11,000km)先の日本に行く愛する人の無事を祈りな...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...