東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF

東京生まれ・東京育ちの私にとって、「田舎暮らし」は憧れの存在…。夏休みに里帰りするなんて話を聞くと、とても羨ましく感じます。東京から90分のところにも「田舎に暮らすように泊まれる」古民家宿があるんだそう。最近増えてきている「暮らすような旅」ができる宿やゲストハウス。ただ観光スポットを巡るのではなく、地元ならではの食事や、地域の方々との交流を楽しむ旅もいいですよね。

田舎暮らしに憧れているけどハードルが高いという方や、いつかは都会と地方を楽しむ「二拠点居住」をしてみたいという方、長い休暇は取れないけど1泊2日で旅行を楽しみたい方、こんな週末の過ごし方はいかがでしょうか。

Dddb28566e7695417aad8f708dad06b65c0f8cc9

田舎暮らしと都会暮らし
どちらもほしい

今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。

兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟からなっています。どちらも最大10人まで宿泊できるので、大人数でも周りを気にせずわいわい楽しめるのがいいですね。

こちらの宿は、東京から車で約1時間半、電車でも約2時間というアクセスの良さも人気の理由のひとつ。いわゆる限界集落と呼ばれる地域で周辺にコンビニやスーパーはありませんが、地元の食材を使った夕飯を用意してくれるので、自炊の準備はいりません。アメニティや設備も、最新のものが完備されています。豊かな自然と古民家でのおしゃれな暮らし、まさに都会と田舎のいいとこ取りができるんです。

青い屋根が目印。
築100年の「澤之家」

C7a8d220c6cd97d1d0feb4576acf9e55f54236fe

まずは、2014年にオープンした「澤之家」へ。

A164a84f49c051478845bab3bc9fe35f04322062

築100年以上が経つ古民家の屋根や柱はそのまま残して磨き上げ、床を張り替えてリノベーション。家具やキッチンは新しくして、新旧が調和した趣ある空間に。吹き抜けの天井は開放感があります。

D2f0f9c7dcc90f1c84d767965d5e8e96e357af0e

上を見上げると、青いトタン屋根の内側はこんなふうに茅葺き屋根に。

F7239fd5edd1b8980e7d26a168cd6d14c6b6ae01

お部屋にはApple TV、iPad、WiFiが用意されていて、自由に使うことができます。床の間の壁がスクリーンに様変わり!夜はNetflixで友人たちと映画鑑賞、お子さんはキッズ番組を鑑賞してもいいですね。

2fdb09763a98c76ccaf98d77c765855cdc8a7260

梯子を上っていくと、2階にはふかふかのソファが敷き詰められた「ひとりの間」があります。横には雑誌や本が並んだ本棚が。

このスペースは「大人数で来られたお客さんも、ひとりで雑誌や本を読みながらゆっくり過ごせるように」という思いから作られたのだそうです。

4b734a797a9c3c39d327985b4b7d042c39162405

地元の猟師さんがしとめたという「くまの毛皮」。

Bfd68d3ad7abf8efc52ece88df23a5c30e2d2a6c

部屋の中にはキッチンもあるので、食材を持ち込んでみんなで料理を作ってもOK。

259fa0c88600098a512ed94269dbc386dfc6b363

茅葺き屋根を眺めながら眠りにつける「くつろぎの間」。

97692e91de1a09315837637952eb308d8e43debb

夏はエアコンがいらないほど涼しく、冬でもストーブに薪をたけば温かい。

Ef0ed7db7d0eb64ff6b003988658b1fafff84fc8Ad6e506eb6c35fb07fac4802b66fed41969357895270a70f3ccc33cc843c784880beb6a7f6854180

家族連れにもおすすめ。
和モダンな「坂之家」

077e436b73bc6e213f0360be6928c8ab2c664a2a

「澤之家」から少し離れたところにある、もう一棟の宿「坂之家」。

Dcc646a875fb3dc1953a36553bfd121d17586532
こちらは昭和建築に北欧家具が馴染んだ和モダンな雰囲気。澤之家と比べて段差が少ないため、小さなお子さんがいるご家庭からも人気なのだそうです。
68dac9c5bb0aaa6207f83a9d3a6140846ed59a855c7e1e6251d9c63e4f1a46ad6aa91ff85e62cae9

ここで最大12名が一緒に囲炉裏を囲むことができます。

99a851c2d6850f6528e67d39d6a4004b447551882f98eb37ec8669987f09403ee433dbd4b94420afB04532fa874d4c1c0af7a31037a8f0a70ce320d4

旅行の醍醐味は
やっぱり「食事」

この日は、改装から立ち上げまで手がけた保要佳江さんが話を聞かせてくれました。

2483e0a96caa4065a9d404665e6ea73966f651e6

宿を始めるにあたって、他の地方の古民家宿やゲストハウスも利用してみた、という保要さん。建物の良さだけでなくサービス面も充実させたいという思いから、特にこだわっているのが「食事」だといいます。

「ここと同じようにアクセスが悪い場所にある古民家の宿へ行ったとき、自分たちで食材を持ち込むか、仕出し弁当を頼んでおかないといけなかったのですが、とりあえず宿に向かってしまったら食べるものが何もなくて。コンビニへ行くにも車で1時間くらいかかるから面倒で断食みたいになってしまったんです(笑)。旅はやっぱり食事がおいしいほうが楽しいから、ここではごはんを出したいと思いました」

夕食は囲炉裏で食べる山賊料理、または縁側のあるお庭でBBQのどちらかを選択できます。自分たちで食材を買い出しに行かなくていいので、のんびりできますね。そして滞在の様子の写真をSNSに投稿してアンケートを記入すれば、和定食が無料でいただけるのだそう。

Ba709765d05d651a5069281bc9e557ad78bc4a9b

防空壕跡を利用した洞窟にあるワインセラーから、好きなワインを選んで飲むこともできます。宿から30分ほど車を走らせれば、富士山や河口湖、石和温泉、勝沼ワイナリーなどの観光スポットが。

夏には桃狩り、秋にはぶどう狩り、河口湖や山中湖でフライングボートやホバーボート、山でトレッキングなどのアクティビティもおすすめです。あまり長い休暇は取れないという方も、週末だけの「田舎暮らし」を体験してみてはいかがでしょう?

LOOF(澤之家・坂之家)

住所:〒409-3703 山梨県笛吹市芦川町中芦川559-1
料金:施設使用料20,000円 +サービス料金 6,500円(夕飯1食付き)/お一人様(税抜)
定員:1名様~10名様
問い合わせ:050-3786- 7025(10:00〜21:00)
予約:info@ashigawa.jp
※電話での予約は受け付けていません。

都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
ニュージーランドの農村部に暮らしているフォトグラファーのNiki Boon氏は、テレビなどの近代的な電子機器を使わずに家族みんなで生活中。写真に写っている...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
昔ほど「一度は都会に出るべきだ」という風潮は弱まりつつありますが、それでも今だに多くの若い世代が「都会に住むこと」に憧れているもの。なかには都会に住むこと...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
沢山のモノに囲まれ便利な現代。ですが、それによって私たちの生活は縛られるようになってきました。本当に必要なものだけを残して整理するシンプルな生活は、頭をク...