「men」から「people」へ。ジェンダーフリーは単語から。

アメリカの独立記念日に合わせて実施されたキャンペーン「#PasstheERA」を紹介します。デザイン業界、広告業界で活躍するクリエイターたちが、ある目的のために集まりました。ジェンダーフリーの権利を訴える、そのために。

すべての“ニンゲン”は平等である
by トーマス・ジェファーソン

Ad6b2f25323abdbe36520bcf2057a39686c6950e

All men are created equal(すべての“人間”は平等である)

これは、第3代米大統領トーマス・ジェファーソンが「アメリカ独立宣言」において用いた有名な言葉。米憲法にも記されている一節ですが、お気づきでしょうか。「人間」に当たる部分、男性(manの複数形)を意味する「men」が用いられていることを。

近年、ジェンダーフリーの考え方のもと「men」→「people」とすべき、こうした捉え方も浸透してきている。そのことを広く訴えようと、画像をウェブ上で公開し、SASでの拡散を呼びかけたのがこのプロジェクトです。

ジェファーソンの言葉はその槍玉に。

98f4f05c1d374a842f9170e50073ed0ccb58d742

親愛なるトーマス・ジェファーソン、何か大切なことを忘れてはいませんか?

Caa7da6103268242aabd161a77f8c485886b25d5

人間は男と女、ともにいます。ならば“men”じゃなくて“people”では?

55f043a7a6e535400cb53c5ea28c6dfea1c48d9b

それを直すのは簡単なはず(修正液を使えば一瞬)

とまあこんな具合に。

さらには、毎朝のメニューや、月面着陸、ゲノム解析など人間にとて必要な要素や歴史の歩みを引き合いに出して、平等の必要性をメッセージングしていきます。

C93a50577874efcdbe5b938cd2e17b5db78b1767

卵よりもシリアルよりもバナナよりも。私たちにいちばん必要なのは“平等な権利”

604e262c96327c1b9cb5f3a5fff6d4df1a4b4fa8

1969年、人類は月まで到達したのに……2017年、まだ男女平等じゃないって…

Ea2d2d15b89aaed43baaf517d9bb8babbe3db75b

2003年には、ゲノム解析までしたというのに

3987c623605c758212e7ea8a900bb9e8b1e63bf1

投票できる権利よりも大事なもの、それが平等

D34536960ebd3864eef1e3408fb7986150ad90ff
カツラはかぶった。なのに女性を置いてけぼりにした。そんな彼らの宣言なんて、ある種ドラッグのようなもの

キャンペーンのオーガナイザーを務めたEmily-Rose Wagnerは、現代のアメリカ社会が抱える、見えざるジェンダーフリーをこう嘆くように強調しました。

「アメリカに暮らす女性は、200年以上も“平等”を待ち望んできたのです。これまで偉大なる母たちのおかげで、様々な分野で平等が実現してきました。けれどそれは、まだ残念ながら完全なものとは言えません。この活動は平等を勝ち取るためだけでなく、そんな先人たちに感謝の意を伝えるためのアクションでもあるのです」

男女平等──、言葉の持つ意味は理解していても実社会における「平等」とは、本当のところどんな意味を持つのでしょうか?

 

Licensed material used with permission by pass the ERA
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
食べログなどを代表とする評価サイトを使ったことはありますか?登録されている店舗のメニューやサービスに対して、ユーザーが評価を下し、コメントを書き込むことが...
もうすぐ、クリスマスシーズンが到来。ロマンチックな計画を立てて、もっと親密に…なんて心待ちにしている人も多いはず。でも、クリスマスまで待たなくたって記念日...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...