ロックバンドのドラマーがヒップホップにハマった理由は?

自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。

7月19日に待望のニューアルバム『Memories to Go』をリリースするthe band apartのドラマー・木暮栄一さんのCDラック、そして前回に続く2枚目のリコメンド盤がこちら。

29975034e0afb59e7b1b2268b407ca877129b495

【Disc.2】SOUL SCREAM
THE DEEP

1574ab23be5fcc0758dcde64147cc8d7ec478961
 
木暮:その昔、川崎のクラブ・チッタのイベントで見て好きになったSOUL SCREAM
 
90年代を代表するヒップホップ・グループのひとつで、DJ 5lackやPUNPEEあたりの音が好きな人は好きかもしれないね。
 
あの頃って、ルーザー(負け犬)の文化を許容する経済的余裕みたいなものがまだ残ってたけど、大卒者の就職希望第1位が「公務員」な今、良くも悪くもみんなとりあえず安心していたいのかな。
 
しかしいつの時代だって若者のモラトリアムはあるはずで、20年前に一度日本語ラップ・ブームが来た時に「ハードコア界隈にいるけど音はメロー」な魅力で、立ち位置の難しかった文系B-BOYたちの心をがっちり掴んだ一枚。今でもDJの時にかけたりする、いろんな意味でバランスの良い名盤です。
 
話は違うけど、フリースタイル・ブームを始めとした昨今のヒップホップの盛り上がりが、個人的にとてもうれしい。
 
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」が本日からスタート。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介し...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
この日は、2015年5月4日に亡くなったヒップホップミュージシャン、D.LことDEV LARGEの1周忌を記念して、彼と縁の深かった友人や知人、音楽ファン...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
CDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回は、NEIL&IRAIZAやCUBISMO GRAFICO、そしてLE...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
写真は、下着メーカーのコレクションではないんです。注目するのは彼女たちのヒップ。宇宙の星雲や流星をモチーフにしたタトゥーかなにか、でもないんです。とすると...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...