セザンヌの名画に隠された心揺さぶるアナザーストーリー

今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、オルセー美術館やニューヨーク近代美術館をはじめとした世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ。

一方、小説家エミール・ゾラは、不朽の名作『居酒屋』『ナナ』を執筆し、生前に大きな成功を収めている。

映画『セザンヌと過ごした時間』は、そんな対照的な生涯を送った2人の芸術家の物語だ。一方が成功を手にし、もう一方が成功から見放された時、2人の友情や人生はどう変化していくのか?この普遍的なテーマは、現代に生きる僕たちにも多いに通じるものであろう。

交錯する2人

Ff63efa01ec0ae27ff60403b71530de12451b2673dbb26788829c3939741676c5c9079bcb9cbde14

この映画を深く理解してもらうために、セザンヌとゾラの関係についてもう少し触れることにする。

セザンヌは、元々、ブルジョワとして生まれついた。銀行家の父を持ち、裕福な生活を送っていたのだ。対して、ゾラは、母子家庭で貧しい少年時代を送っていた。

そんな2人の友情は、ある日、集団によっていじめを受けていたゾラをセザンヌが救ったことから始まる。そこで、2人が誓ったのは、お互いに芸術家になることだったという。

しかし、運命の悪戯ともいうべき逆転劇が起こる。セザンヌの絵はさっぱり売れずに美術界から無視され、徐々に脇へと追いやられていく。一方で、ゾラの小説はベストセラーとなり、名声を得ていったようだ。

2人に亀裂を生じさせたのは?

D49225575fa797ad5be128b1d042bacc0249d648

成功したゾラ、成功が遠いセザンヌ。立場が入れ替わった2人だが、史実によればその友情は40年間も続くことになる。一時期、ゾラは、セザンヌの生活費まで工面をしていたこともあるらしい。時にぶつかり合いながらも、2人の絆は揺らぐことがなかったーそのエピソードは本作品にも描かれている。

ところが、1886年に2人の友情に亀裂が生じる。そのきっかけは、ゾラの新作小説『制作』だった。主人公は、売れない画家で、苦悩の挙句に自殺をしてしまう。そのストーリーを読んだセザンヌが、自分をモデルにしていると深く傷ついてしまったのだ。それ以来、2人は絶交してしまったという逸話が残っている。

2人の絶交には他の説もあるようだ。が、この映画の脚本・監督を担当したダニエル・トンプソンは、準備段階で出会ったある偶然によって、この『制作』説にフォーカスしたようだ。

3年前に発見された
セザンヌの手紙

2a956ce0780642cb01ad130997b5efdce539ec1c

その偶然とは、2014年にパリで発見されたセザンヌの手紙だった。史実では、セザンヌが最後にゾラに手紙を送ったのは、1886年となっていたのだが、じつは、1887年にゾラへ送った手紙が探し出されたのだった。

そして、その手紙の結びには「君に会いにいくつもりだ」と書かれていたらしい。これまで知られていた手紙には、1年後に書かれた続きがあった…。その事実から監督がインスピレーションを得て、様々な証言、回想録、そして、自身の想像力を駆使して脚本を仕上げたとのことなのだ。

新発見された手紙は、サザビーズのオークションを騒がし、結局、17,000ユーロ(約221万円)もの値で落札されたという。

2人の友情の結末がどうなるかは、ぜひ、劇場で確かめてほしい。

76f1acb80d5a9cd21f720b61efd9b319e3a249d8

『セザンヌと過ごした時間』
2017年9月2日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次公開。公式サイトはコチラ

© 2016 – G FILMS –PATHE – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINEMA – UMEDIA –ALTER FILMS
Licensed material used with permission by セザンヌと過ごした時間
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
結局のところ、誰かに解釈を求めたところでファインアートのなんたるかが分かるとも思えない。そういう多くの人たちのために、このアーティストデュオが取り組むプロ...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
ある意味、これは「苦行」に等しい。映画史のなかで最も上映時間が長い映画とされ、ギネス記録にもなっている作品が1987年に制作されたアメリカ映画『The C...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...