なぜ、ソクラテスは「無知の知」に気づいたのか?

さくら剛さんによるエンタメ小説『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』(ライツ社)は、冴えない青年の「ひろ」と、数千年前にゾンビになってしまった「先生」の物語。

このゾンビ先生は、偉大な哲学者たちと共に世界の真理を探究してきた人物で、身近な例えを用いて、ひろに哲学を教えていきます。小難しいイメージがある哲学を、ユーモア溢れる例えを用いて解説していく本書。生きていく上で大切なことは何か、を知ることができるかも。

今回授業が行われたのは「銭湯」。ここで、かの有名なソクラテスが残した「無知の知」についての講義が行われるようです。

「相対主義」の欠点とは?

Feae7aa7cb524323af491401168d22d548f004ae

先生:露天風呂で哲学授業といくか。

 

ひろ:なかなか優雅で良いですね~。

 

先生:ところでおまえは哲学の思想である「世の中のあらゆる事柄は相対的である」という相対主義の意味が分かるか?

 

ひろ:うーん。こうやって銭湯で全裸になることが何とも思わない人もいれば、恥ずかしがる人もいるということでしょうか?

 

先生:その通り。すべては相対的で「人間は万物の尺度である」ということじゃ。しかし、世の中の何もかもが「人それぞれ」で良いのだろうか?

 

ひろ:難しいですね。

 

先生:皆が自分だけの価値判断に従って行動していたら、社会の秩序はどうなる? 例えばこの銭湯じゃ。日本には様々な風呂の文化があるな? ゆずを浮かべる者、牛乳やワインを入れる者…。風呂の好みは人それぞれ相対的であるから、何を入れようと自由じゃ。ところが、公共の場である銭湯で各人が好みを持ち込んだらどうなる? 各々が「これが一番健康に良い」と信じて、ゆずや牛乳をぶちこめば、それは最高の風呂になるか?

 

ひろ:いいえ! そんな風呂は最悪です。

 

先生:そうじゃろ。それぞれは良いもののはずなのに、それが秩序なく集まると、混沌としたものになってしまうのじゃ。

ソクラテスが気づいた
「無知の知」

先生:じつは古代ギリシアで相対主義が流行ってしまったせいで「倫理の崩壊」が起こったことがあった。なにしろ、皆が他人のことを考えず、自分の価値観だけで好き勝手に生きるようになってしまったからな。

 

ひろ:それって、今の日本に通じるような気がします。歩きタバコとか違法駐車とか、みんな自分だけの価値観で好きにやっているから周りが迷惑するんですよね。

 

先生:だからこそ、社会の調和のためには、共通の規範が必要になるのじゃ。人間社会にもオーケストラの指揮者のような役割を担う、皆が従うべき「普遍的な善や美徳」があるはずだ、と主張した哲学者がおる。それがソクラテスじゃよ。

 

ひろ:その名前、聞いたことあるかも。

 

先生:ソクラテスは紀元前469年頃の生まれであるから、まさに相対主義が古代ギリシアを席巻し、倫理が崩壊していく様子を見ておった世代じゃな。そこで彼は「このままではいけない。人の営みは決してバラバラで良いはずがなく、我々には共通で普遍的な規範が必要なはずだ」と訴えたのじゃ。ソクラテスは特に倫理的な事柄に対して、相対主義を否定した。人間は好き勝手に生きるのではなく、普遍で共通の「善いもの」を目指して生きるべきだと主張したのじゃ。そして、その共通の「善いもの」を明らかにするためソクラテスは全力を尽くした。

 

ひろ:それは僕も賛成です。みんなに共通するものがあった方が、争い事がなくなりそうですもんね。ではソクラテスがたどり着いた「善いこと」って何だったのですか!?

 

先生:ソクラテスは具体的に「善いこと」とは何なのかを…結局見つけられなかった。

 

ひろ:ズコー!

 

先生:だからこそ哲学はまだ哲学なのではないか。ソクラテスは「善いこと」の代わりに、ひとつ大事なことを発見した。その答えは「結局、自分は何も知らない」ということじゃ。 

 

ひろ:ズコー!

 

先生:ここはズッコケるとこじゃない!

 

ひろ:あら? そうなんですか?

 

先生:ソクラテスは「正義」や「勇気」などについて、それがどういうものか知るためにギリシアの賢人たちの元に質問して回ったのじゃ。ところが賢人たちは「そんなことも知らないのか?」と尊大な態度で応じた。しかし、誰ひとりとしてソクラテスを納得させるような、普遍的な「正義」や「勇気」の基準を示すことができなかったんじゃ。

 

ひろ:威張っておいて答えられないなんてダサいですね。

 

先生:そこでソクラテスは気づいたんじゃ。「自分に知らないことなど何もない」と思い込み、横柄な態度でいるくせに、じつは無知である賢人たちと違い、少なくとも自分は「無知である」ということを知っている。そしてその「無知の知」こそが人間にとって大事なことであるのだと。

 

ひろ:なるほど~。「無知の知」が、ソクラテスの見つけた答えだったんですね。

 

先生:そうじゃ。すべては「無知の知」から始まる。これこそが我々が肝に銘じるべき言葉じゃ。

 

ひろ:なぜ、その自覚が必要なのですか?

 

先生:ソクラテスが問答をした賢人たちは、自分では「何でも知っている」と思い込んでいたゆえに、新しいことを知りたいという欲求や探究心を求める姿勢を失っていたのじゃ。そのような慢心に溢れた人間は、もはやそれ以上成長することはできん。相手が人であれ自然であれ「自分はまだ知らない」という謙虚さを持っているからこそ「教えてください」と素直に頭を下げることができるのじゃ。

 

ひろ:すごいなぁ。なんか感動します! めちゃくちゃ良いこと言いますね…心から尊敬しますソクラテスさん!

 

先生:いや、わしのことも褒めてよ!

さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
「子供だから」できないこともあれば、「子供だから」できることも。10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くんは、持ち前の行動力で出版社に直接「本を出したい!」...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
大学も卒業し、社会人経験も豊富になってきた29歳。さまざまなことを経験し、生きていくうでの知恵も身についているはずです。「Jordan Gray Cons...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
初めて書いた本がベストセラーとなり、「言葉が深すぎる…」と話題になっている10歳の男の子、中島芭旺(ばお)くん。小学校へは通わず自宅学習を選んでいる彼のモ...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...
赤津 慧  Kei Akatsu幼少期からサッカー漬けの日々を送り、高校時代は茨城県私立鹿島学園高校で全国高校サッカー選手権ベスト4入りを果たす。東京理科...
長い長い時を経て語り継がれてきた、珠玉の名言。遥か昔に言われた言葉が、ときには現代を生きる我々の人生をも動かしてしまうことがあります。そんな古今東西の名言...