シアトルで感じる「スターバックス」の巻き返し

私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいです。

「シアトル=コーヒーの街」のイメージを作り上げたのは、他でもないスターバックスなのです。

なんだかんだで
行ってしまうスタバ

1971年にシアトルで開業したスターバックスは、コーヒーを身近な飲み物に変え、さらにコーヒー業界に新しい風を吹かせ続けてきました。今では角を曲がればどこにでもあるほどですが、日本に上陸した当初は、数年前にブルーボトルが日本に来たときのように並んでいましたもんね。

最近はおしゃれなサードウェーブ系カフェの存在に押されて、コーヒー界のファーストフード的な存在になってきています。実際、コーヒーの味は…どうかな? という感じですが、どこにでもあって、どこへ行っても出てくるものが同じ、という安心感。土地勘のない場所や空港で必ずスタバへ行ってしまう私は、なんだかんだでやっぱりスタバなんだなと思ったり。そんなスタバですが、ちょっとずつ変わりつつあるような気がしています。

驚くほど便利なアプリ

0d8e261897e65ebb353cec8e5e9ae5700710ad6c

まず最近、久しぶりにアメリカのスターバックスに行ってみてびっくりしたのがアプリ。

Dfb8ca31c37cc2a59b1f17d9783814428744db74

アプリを開くと、自分の近くのお店を選んで、オーダー・支払いまでできます。

アプリ内で、細かいカスタマイズも可能です。

751632086946386bb8721fa41564eb201be30d75

そのお店に着く頃にはドリンクができあがっているので、受け取って終わり。

戸惑うほど早く、そして便利です。日本にもこのシステム、そのうち上陸するんでしょうか。

スターバックス・リザーブで
一歩踏み込んでみる

そして「スタバはコーヒーの味がちょっとなぁ…」と思ってずっと行っていなかったみなさん。「スターバックス・リザーブ」はご存知でしょうか?

限られた店舗のみにある、厳選された稀少な豆をそれに合った抽出方法で個々に淹れてくれるシステムです。これは美味しいです。豆ごとに違う淹れ方をしてテイスティングさせてくれたり、もう一歩コーヒーの世界に踏み込むことができます。

4c336e3f4ed8bf802c7138a208f63cae1c0d1d82

シアトルの街のど真ん中には、そのリザーブコーヒーの総本山「リザーブ・ロースタリー・アンド・テイスティング・ルーム」という、まるでサイエンス・ラボのような焙煎工場とテイスティングルームが一緒になった、巨大な旗艦店があります。

現在は、スタバ1号店とここがシアトル観光の目玉のひとつとなっています。

Ad945243b873b57c1a0b864313d389d5138a9a11Ca3ca7a450cfa148e6b1c4a2074d60641bf6e4aa471809040a13dac27e470d2382edf922f0b001d2

ここはきっと、スタバ好きじゃなくてもワクワクしてしまう場所です。中に入ると目に飛び込んで来る巨大な焙煎機がずっとコーヒーを焙煎していて、店内に張り巡らされたパイプを通って移動する様子を見ることができるので、本当に工場の内部に潜入した気分になります。

もちろん、焙煎したての豆と抽出器具を選んで飲むことができます。そしてなんとこのロースタリー、来年東京にも上陸する予定らしいです。コーヒー界のファーストフードとなっていたスターバックスが今、巻き返しをかけてきています。

日本のコーヒーシーンも、ますます面白くなりそうですね。

シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
ビール味のコーヒー!?米メディアMASHABLEが報じたニュース「Starbucks Is Experimenting With a Beer-Flavo...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...