あいさつから学ぶ、各国の文化

各国それぞれ独自の挨拶があります。会釈だけで終わるところもあれば、両ほほにキスしたり、TPOに合わせスタイルもさまざま。お国柄がよく反映される挨拶は、いわば日常の中の文化。

動画メディア「Cut」が、それぞれの国のありのままの挨拶を紹介しています。ちなみに、僭越ながら私も東京代表として出演させていただいてたりして(汗)。

定番のものからカジュアルなものまで

E00e9f7a289831be68b146fcd2bff9c0f6bf6de6

「元気〜?最近どう?」

コロンビアの女性から。一番間違いのない挨拶ですよね。そこから会話も広がるはず。

3ca59c287605746b507629bc5ab3da891218eac6

「インドでは『ナマステ』ですね」

6d24a6fd2a9d9bad3d0da925cac98f65513072a9

「意味は『あなたに平和あれ』なんだよね」

インドでは、『ナマステ』以外にも、多くの表現があるそうです。

Eee75fc94ec5c20ab85892d8a48207ea6e46af66

僕たちのは堅苦しくないんだよね(笑)

よく聞くオーストラリア訛りの「Good day, mate (グッダイ、マイト)」は、やはり現地でもよく使うようです。

目上の人へには、
それぞれの敬意がある

091608f5e625213da8d0097c41c3cd6466a4db2d

自分が年下だって分かるときは、だいたい先に手を出して握手を求めるかな

ドイツでは、挨拶時に握手をするのが一般的だそうですが、年下、または目下の人から手を差し出す習慣なんだとか。

063fc77a938bab34b929b7098028547bdf9abe2e

「タイではお母さん、お父さん、先生など、年上の人たちに対して挨拶する時は、こんな感じに手と手をあわせます」

F00776179ae779608ee7eb016cf70c0e48dd038e

「コロンビアでは、目上の人に対して、名前の前に『ドン(Don)』をつけるんです」

名前の前に『ドン』をつけて敬意を表す。なんだかギャング映画のそれのようですね。

ヨーロッパでは、頰にキスが定番

16fd420245742f01dc66519b535cb6ee65b93c06

「性別関係なしに、両頬にキスね」

1b45c79534369ebb3a326981e8eab593e7b22e79

女性も男性関係なく、フランスでは両頬に軽いキスが日常茶飯事。

B1d9d14b8322dff9f62462228184f8f4112cbd17

「頬にキスが定番だね」

こちらイタリアでも両頬にキスは日常のコミュニケーション。

Cbe39939b4e9eab6dfb081ef575ccc6893e6108f

「女の子同士でも、頬にキスは…ちょっとヘンかな…」

中国では挨拶代わりのキスはないようです。きっと、距離感が近すぎるのもあるのでしょうか?

じゃあ、ハグは挨拶?

E9ab9ce5c762e1e0710b09389a16559e50cb5e7e

「ハグはとても親密だから、とても近い友人としかしないかな」

頬にキスをするのが挨拶の定番のフランスでは、ハグはあまりしないみたいです。

8d4312e5ae3c38201625b258b6aeeb9ff2d51cd5

ハグしたくない人に対しては、無理やりするって事もしない

日本人でもハグする人、最近では多くなりましたよね。私もハグを歓迎しますが、友達でも、したくない人に対しては無理強いはしません。やはり、距離感を見計らいますよね。

A25c7b3ef80559aca6fee538e58ceaf20eed2f30

「ハグは女友達同士ではするけど、男友達には手を振るだけかな」

タイ在住の女性も、相手によってハグをするかしないかを決めているようです。

D2b1d68fef5def8f8aee59328bc2026cc7c78ab8

最近、挨拶のときのハグが増えたように感じるね。男同士でもするよ

オーストラリア在住の男性いわく、ハグは最近のトレンド挨拶だそう。特に男性同士がハグして挨拶するのは、最近よく見るとの事。

挨拶はその国の文化

自分の国で当たり前の挨拶が、実は別の国では当たり前ではない。年上、同い年、家族、さらにはそれがビジネスシーンかどうかでも。時と場合によって、特別な挨拶も多種多様な文化がある限り、形式も多様です。

挨拶からその国の文化を学んでみるのも、意外と面白いかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Cut, (Youtube), (Twitter), (Facebook)
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...