旅先で眠れないあなたが、意外とやっていない「基本のスリープハック」

ここに紹介するのは、心地良く眠るためのひと手間です。ごく初歩的なことなので、劇的に睡眠の質が上がるかどうかはさておき、「旅先でいつも眠れない」という人は試してみてもいいんじゃないでしょうか。

長年にわたり不眠に悩む人たちをサポートしてきたLauren Harburyさん。環境の変化にすんなり順応するための5つの解決策を紹介しています。

486b33fccacefc67a20fcdc241dd4c8c98c8d5ad

新しい場所を訪れ、新しい食べものに出会い、新しい友達をつくる。旅はあらゆる価値観を自分に与えてくれるもの。けれど満喫するためには、旅先での「睡眠の質」には注意を払う必要があります。

疲れているのに不眠で体調が悪くなったり、イライラしていては、せっかくの旅行も台無しですから。

そこで、ホテル選びをするときは熟睡できる環境かどうかをよく見定めましょう。快適な睡眠を得るためのグッズも注視すべきポイントです。

01.
室温を整える

0e05b30d51805c39312df17331fe056fc7f1a1b5

睡眠時に心地良いと感じる室温は、人それぞれ違います。エアコンの設定温度はいつも何度くらいか覚えていますか?寝室が暑かったり、寒かったりするようならば、自分の体に合った室温へと整えておくことをお勧めします。

普段の布団とも違います。まずは布団に入った感じの適温を見つけることから始めましょう。

02.
枕の高さを調節する

どうしたら一番寝心地の良い枕の高さになるかを考え、重ねてみたり、くぼみをつくったりして、自分のアタマにしっくりくる形を見つけましょう。2分ほど枕の上にアタマをのせてみて違うと感じるようならば、形を変えたほうがベター。

また、枕が眠りにもっとも重要だと思えるならば、旅先に持参するのも一考です。

03.
アイマスクをつける

35910b244ccdd80ed4c5d0aa84cdf864332281fa

 

真っ暗でないと眠れない、という人がいます。あると便利なのがアイマスクです。カーテンの隙間から街灯や月明かりが、差し込んでくるかもしれません。これひとつで安眠できるならば、用意しておくくらい何のことはありませにょね。

04.
ロウソクで部屋を照らす

ちょっと変に聞こえるかもしれませんが、ロウソクの炎にはリラクゼーション効果があります。やさしい暖色に包まれた部屋で、心を落ち着かせてから眠りに就いてみてください。

05.
深呼吸して体の力を抜く

D8a1d58ca4f2cb6e8b0a3e357e7be0021f21abad

腕と脚の力を抜いて、目を閉じましょう。その状態でゆっくり呼吸すると、力の入っていた体がどんどん柔らかくなっていくように感じるはずです。この時点でうとうとして来るかもしれませんよ。

こうして体の状態を整えたら、以下3点は守ってほしいところ。すべては快眠のためです。

・少なくとも15分は携帯を触らない
・脳を休めるためにニュースは見ない
・軽くても運動は体を起こしてしまうから避ける

観光スポットをリサーチするのと同じように、いかにして安眠を得るか、そのための行動を。

Licensed material used with permission by Elite Daily
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...