今さら聞けない「オーガニック野菜」ってナニ?

有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違いをきちんと説明できますか?

正直不安、という人たちのために手島奈緒さんの著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)から、「オーガニック野菜」について、改めておさらいしていきましょう。

審査をパスし、認可された土地から
「オーガニック野菜」が生まれる

7c31b81e5a86c17e97b69ebb9459f52bc1decb22

オーガニック野菜は「有機農産物」「有機野菜」ともいわれ、簡単にいうと「有機JAS認証」を取得した野菜のこと。これは、3年間定められた農薬や資材のみを使って栽培された農地を認定機関が審査し、認可されたものに対して与えられるものです

オーガニックと表示されているのは野菜だけではなく、コスメや加工品など多岐にわたります。いずれも「有機JAS」というマークがついているので、お店で探してみてくださいね。

オーガニック野菜のスゴイところは、誰がどのような肥料や資材で栽培したものかちゃんとわかること。じつはお店で売られている野菜は、誰がどのようにつくったかはわからないものがほとんどで、どのような農薬を何回使ったかも不明です。そういった野菜と比較すると、オーガニックであるという安心感はかなり違います。

オーガニックは「無農薬」ではない

03f6bde4a5d686501979ccdf292072e36726438c

農薬が使えると聞くと、「オーガニックなのに農薬を使ってもいいの?」と思う人も多いのですが、オーガニック野菜は必ずしも無農薬栽培ではありません。ただし、使える農薬は毒性が低いものに限られていて、一般栽培ではあたりまえに使われている除草剤や、地面のなかの虫や微生物を一網打尽にする土壌消毒剤などは使用禁止です。

農薬をまったく使わないケースももちろんあります。また、輸入オーガニック作物の場合は、輸送中のカビや害虫を防ぐため作物に直接散布されるポストハーベスト農薬は禁止です。さらに、検疫時に燻製処理された場合、輸出時にオーガニックであったとしても、オーガニックとしての販売はできなくなります。これらの厳しいルールをクリアしたものだけが、オーガニックとして販売できるのです。

他にも、排出する化学物質の少なさや、使える農薬が限られていることで畑の中の生態系が守られるなど、目に見えないメリットがたくさんあります。

何が使われているかはっきりわからない一般栽培の野菜と比較して、安心できるのはもちろんですが、環境への影響という側面からもオーガニック食品を選択する事には意味があるのです。

ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
毎日バランスよく栄養をとりたい──。こう思っている人ほど、ランチ時にサラダを“ドカ食い”していたりします。コンビニサラダでも、レストランでも。だけど、結局...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
現代人の皆さんへ。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...