徹底した美意識と鋭い審美眼、だからプリンスって “セクシー” だったんだ!

昨年4月に、突然この世を去ってしまったプリンス。あまりにも急なニュースに、言葉を失ったのもまだ記憶に新しいです。ディアンジェロ、アウトキャスト、日本では岡村靖幸、スガシカオなど、彼に影響を受けたと公言するミュージシャンは、国内外問わず多数。

中性的であり妖艶であり...彼にしかないスマートさ=“色気” を放つプリンスですが、亡くなった今もなお、多大なリスペクトを集めつづけるその理由は何でしょう?そのひとつの解となる、『ロック豪快伝説』(立東舎刊)に掲載されている、彼の“美意識”が存分に漂うエピソードをご紹介。プリンスのヒット曲「When Doves Cry」を聴きながらご一読ください。

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 豪華絢爛 怒濤の男性アーティスト編」からの抜粋です。

建設費は16億円!
豪華絢爛な“プリンス王国”

 プリンスの成功の象徴に、1987年9月11日、ミネソタ州ミネアポリスに作り上げたペイズリー・パークがある。建設費に1000万ドル(約16億8000万円)を費やした、“プリンス王国”だろう。レコーディング・スタジオにビデオ撮影もできるリハーサル・ルーム、中庭にはギャラリーもある。

そのギャラリーには“殿下”の全米ナンバーワン・ヒット曲「When Doves Cry」(※Dove=鳩 邦題は「ビートに抱かれて」)にちなんでなのか、シフォンの織物とパールで飾られた鳥かごがあり、中につがいの白い鳩が飼われている。鳩の名前は、キリスト教の神を意味するディヴィニティとつけられていた。

ペイズリー・パークのスタジオでは、すべてのアンプが殿下の使いたいときに使えるようにと、24時間いつでもスタンバイ状態。空調も最適な温度に保たれているという。スタジオを取材したイギリスの雑誌『Q』によると、年間の電気代はなんと6万5000ドル(約850万円)もかかるそうだ。 

見えない部分こそ
めぐらせていた美意識

趣味はビリヤードにバスケットボール、バイクに乗ること。映画『パープル・レイン』で殿下がお乗りになられた、ホンダのいかにも高そうな特注バイクを見ても、バイク好きなのがわかる。ただし、特にこだわってお金をかけているものがある。ペイズリー・パークのワードローブ担当、スティシア・ラングはこう言っている。

「ジーンズにTシャツといった格好はしないわね。快適で着心地が良くないといけないの。シルクやクレープが多いのよ。」

見据えていたのは
音楽界の未来だけじゃなく...?

プリンスは90年代から音楽界にデジタル革命が、インターネットの時代が来ることを予測していた。音楽がインターネット上で売買されることに、いち早く注目していたアーティストだった。

90年代後半には、アルバムを自らのホームページで販売。97年の全米ツアーは自力で行い、3000万ドル(約36億円)の利益をあげたと言われている。プロモーターを使わず、ツアー・マネージャーも起用しなかった。また、チケットにアルバムをつけて売ることもあった。いち早く音楽業界にライヴの時代が来ることを予見していたのだ。

プリンスは、音楽業界の預言者だった。誰よりも未来を見ていたのは間違いない。が、自分の未来を見ることはできなかったのか。それともこの世に自分の未来はないと思ったのだろうか?

Top illustration by 鈴木順幸

Reference:Prince
「プリンス、死す」、そのニュースは世界に衝撃を走らせました。あれから、まもなく2ヶ月。今なお多くのメディアで、彼の遺したメッセージは発信され、その影響力の...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
ご存知、NIRVANAと共に90年代のUSロックシーンを席巻した伝説的バンド・The Smashing Pumpkins(ザ・スマッシング・パンプキンズ)...
女性の大好物であるフレンチトーストを、少しだけアレンジした創作スイーツがTwitterで話題です。食パンに乗せるのは、なんとプッチンプリン!?投稿からわず...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!4回目とな...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...