毎日、凹んでるあなたに書いてほしい「ほめ日記」

タイトルでも使っている「ほめ日記」とは、現代人が抱えるストレスを解消するメソッドのこと。「心身にエネルギーが湧き上がってくる」「ポジティブな思考になった」と、実践している人も増加傾向。

今回は手塚千砂子さんの著書『「ほめ日記」効果・自分を味方にする法則』から、具体的にどんなものなのか、どういった効果が期待できるのかをまとめてみました。

あなたの命は尊く
「褒める」に値する

8ff16d008a9899e1a9faa5fe3a18899df9bc73de

自分を褒めるということは、自分の命を褒めることであり、自分の存在を認めるということ。「ほめ日記」は、そうした気持ちをいつも心の中に置いておくための「書く作業」なのです。継続して続けると、自己尊重感を高められたり、あなたの隠れた能力やポジティブな気持ちが表面化しやすくなります。

遺伝子工学の権威・村上和雄先生が、ある講演会でおっしゃっていました。

「生命の誕生から38億年もの時を経て進化し、今ここに生きている…。その自分を褒めて感謝することは必要かもしれません」

38億年の命の繋がりは想像もつきませんが、悠久の時間の流れの中で起きた「数え切れない奇跡」が連なって、今の私たちが存在するのは確かなこと。

こうして「私は生命の創造主と繋がっている」とイメージしてみると、どんな気持ちになるでしょうか? 不思議な気持ちになりませんか? たまには、そんなことを想いながら「ほめ日記」を書いてみると、自分の命が尊く、褒めるに値する存在であると感じられるかもしれません。

プラスの感情や
出来事を味わおう

「ほめ日記」の効果を上げるためには、幸せなことや嬉しいことがあった時に、繰り返し味わうことが重要です。

私たちの脳は、ポジティブなことが起こった時よりも、マイナスの出来事に遭遇したり、マイナスな感情に陥ったりした時のほうが記憶に残りやすい(引きずりやすい)と言われています。そのため、プラスの感情やプラスの出来事に遭遇した場合には、脳にしっかり記憶させることが大切になります。

私の知り合いのAさんは、今まで嬉しいことがあると「調子に乗ってはいけない」と喜びの気持ちを無理に抑えていたそうです。理由は「急に奈落の底に落ちるようなことがあったら怖いから」とのこと。共感する人も多いでしょうが、どんなに素敵な出来事に出会っても素直に喜べないのはもったいないですよね。

こういう思考の習慣は「ほめ日記」の活用で改善できます。「ほめ日記」を書くことで、プラスの感情が増えるので、それを日常の生活でも、「ほめ日記」の中でも繰り返し味わい喜ぶことで、好循環が生まれます。

ノートに書かないとダメ?

Fc0b58d4e3f5bafb23fa1d84962adf7f03e036f6

ある人から、こんな質問を受けました。

「『ほめ日記』は書いていませんが、頭の中で褒めています。書かなくても同じだけの効果がありますか?」

確かに、時間がないなどの理由もあると思うので、何もしないよりは頭の中だけでも自分を褒めたほうがずっと良いです。しかし、「ほめ日記」を書くのと同じだけの効果が得られるわけではありません。なぜなら「ノートに書く」作業によって、褒めていることを意識化できるからです(これが大事!)。脳への伝わり方も強くなりますから、心や体の反応がより良いものになります。脳の「ほめ回路」も書くほうがずっと早く創れます。

忙しい人には「手帳に1~2行書くだけでも違います」と、手書きをおすすめしています。ちょっとした時間に書けるようになれば最高です。仕事中に浮かんだ「ほめ言葉」を付箋にメモして貼っておき、あとで「ほめ日記」に書き写すなんて人もいます。

さらに私は「ほめ日記」を読み返すことを推奨しています。さらに、声に出して読むと耳からはほめ言葉が入り、口からはプラスの言葉を出すことになるので、二重の効果が得られます。

「ほめ日記」を知っていますか?読んで字のごとく、日記を書くときに自分を「褒める」というものです。これをすることで、現代人が抱えやすいストレスが解消され、今...
女性に褒められただけで、自信がつきモチベーションがぐんとUP。「男って単純……」なんて言われても、別に反論なんかする気ありません!だから、本音を言えば上手...
学校に行ったり仕事をしていれば、誰の人生にも困難や逆境は立ち塞がってきます。そこでくじけてしまうのか、乗り越えて成長できるのか、が「成功する人」と「挫折す...
テレビに映るトップ女優は、どうしてあんなに輝いて見えるんだろう。才能?容姿?もちろんそれもあるでしょう。でも、女優のように輝くことは誰にだってできるのです...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
誰もが持っていて、使い方さえ知っていれば人生を強力にサポートしてくれる「レジリエンス」という言葉。一般的には回復力や復元力などを指しますが、困難や逆境にぶ...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
米メディア「Greatist」でライターChalotte Andersen氏が心を奮い立たせる数々の言葉を紹介した記事が評判を呼んでいます。カウンセラー、...
待ちわびた休日。それなのに、「眠い」「疲れた」と一日をダラダラと過ごしてしまった…なんてことはありませんか?大切な休日を有意義に過ごせるよう、あらかじめや...
自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込ん...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...